本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

発達障害の優れた味覚活かし15歳でコーヒー店を開店

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

GWもとうとう最後の1日ですね(涙)。


さて、発達障害関連でこんなニュースを見つけました。

headlines.yahoo.co.jp

 

 響さんは障害の影響で空間をつかむ力が弱く、黒板の字を書き写せなかったり、運動が苦手だったりした。学校の授業と部活動の両立ができず、中学1年の10月に不登校になった。

 物心ついた頃から、同じ調味料でもメーカーの違いが分かるほど優れた味覚と嗅覚を持つ。両親に毎日出していたコーヒーに興味を持つようになり、中学2年の5月に知人から手回しの焙煎機をもらった。一つのことに熱中する性格で、市内の伊東屋珈琲(コーヒー)のロースター、古谷哲成さんらとも意見を交わし、焙煎する時間と温度でコーヒーの味がどう変わるのかを研究した。

 中学3年の夏に家族とタイ・プーケットの海を見て、水平線(ホライズン)のように広く自由に生きたいと思った。自分を表現できるコーヒーの研究成果を発表する形で店を出そうと決意。自宅近くの空き小屋を父の開人さんと共に改装し、4月にオープンした。


 

 

彼も長男と同じアスペルガー症候群だそうです。

開店に協力したお父さんも本当に素晴らしいと思います。

 

味覚が人並み外れて優れていると言うことなので、コーヒー以外にも幅を広げられそうですよね。

食品メーカーなどの企業も、彼の様な人材が来たら助かるのでははないでしょうか?

例えば人気店の「秘伝の味」を完全再現できるかも知れません。

 

それにしても、こういう非常に優れた能力があると、どうしても凹の部分も強く出てきてしまうのでしょうかね。

人間の脳って本当に難しい・・・と思いました。

 

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

 

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ