本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

療育97回目~初めてのプラ板レジン

一昨日の土曜日は、長男の97回目の療育センターでの療育でした。

 

今回は、女の子1人、男の子1人での活動でした。

 

活動内容は以下のとおり。

1.プラ板レジン

2.ベルズ

 

プラ板レジンと言うのは、いつものプラ板の上に、ビーズなどを乗せてレジンで固めたものです。

すごく綺麗なキーホルダーを作っていました。

 

「ベルズ」というゲームは、こちら。

 

最後のフィードバックでは、野外合宿で無事何とか帰ってきたという事をお話しました。

 

 

あと先週は学級閉鎖で通級は参加できずでした。

 

今日は日曜日ですが、体操教室は今月から水曜日に曜日を変えたため、早起きしてバタバタしないで済みます。

6年生から塾の曜日も増えるため、体操とギターは年内で辞めようと思っています。

最初、長男は体操もギターも辞めるのを嫌がっていましたが、

「6年生になったら週4回塾があって、それぞれで宿題も出るよ。」

と言ったら、中学生になったら絶対再開することを条件に、一旦辞めることになりました。

 

ギターは月2回なので、辞めなくても何とかなるかも知れません。

続けられそうか、ちょっと考えてみたいと思います。

ASD長男の体力・運動能力調査結果(小5)

 先日、長男が学校から

「生徒体力・運動能力、生活・運動習慣等調査」

の結果を持ち帰ってきました。

 

ちなみに前回の結果はこちら

yumirizu.hatenablog.com

今回、長男の総合評価は前回と同じ「C」でした。

 

調査結果詳細は以下の通りです。 

3年生は新型コロナのため開催されなかったと思われます。

  今回(小5) 小4 小2 小1
  記録値 得点 全国
平均
記録値 得点 全国
平均
記録値 得点 全国
平均
記録値 得点 全国
平均
身長(cm) 143.2 138.6 138.4 133.6 127.8 122.6 123.0 116.4
体重(kg) 36.7 33.0 31.4 30.0 26.3 23.7 22.5 21.0
握力(kg) 16.0 6 17.0 14.0 6 14.8 7.0 3 10.9 9.0 4 9.2
上体起こし(回) 29.0 10 20.2 20.0 8 18.3 19.0 7 14.1 13.0 5 11.6
長座体前屈(cm) 44.0 9 32.9 42.0 8 30.8 17.0 2 27.2 20.0 3 25.7
反復横跳び(回) 36.0 6 42.9 41.0 7 39.4 29.0 4 31.3 32.0 5 27.2
20mシャトルラン(回) 27.0 5 54.9 31.0 5 46.8 21.0 4 28.9 10.0 3 18.9
50m走(秒) 8.7 8 9.2 8.9 7 9.6 9.7 6 10.6 11.4 4 11.5
立ち幅跳び(cm) 129.0 4 155.0 132.0 5 145.7 116.0 3 126.2 106.0 3 114.2
ソフトボール投げ(m) 16.0 5 23.7 12.0 4 20.2 8.0 3 12.1 5.0 2 8.6
体力合計点 53 55.6 50 50.3 32 37.9 29 30.4

 

上体起こしや前屈は、柔軟を毎晩続けていたのが結果につながったように思います。

 

ただ去年も同じことを書いていますが、全然柔らかくなっているように見えないんですよね・・・不思議です(笑)。

 

夜の体操と柔軟はこれからも続けたいと思います。

 

長男の課題は、「20mシャトルラン」「立ち幅跳び」「ソフトボール投げ」の3点ですね。

この3つが良くなれば、評価はグンと上がるような気がします。

シャトルラン・反復横跳び・立ち幅跳びは去年よりも記録が落ちているので、息が切れてしまったのか、何らかの失敗があったような気がします。

 

ソフトボール投げですが、今は民間放課後等デイに通っていないので、どこかで練習した方が良いのかも知れません。

  

これからも継続的に体力づくりは頑張っていきたいと思います。

小5長男クラス学級閉鎖

小5長男のクラスは複数名が新型コロナに感染したため、今日から木曜日まで学級閉鎖になりました。

 

実は長男も土曜日くらいから風邪を引き鼻水が酷く、日曜日の夕方に37.4度くらいの発熱があったため、以前学校でもらった抗原検査キットで検査を行いましたが、結果は陰性。

月曜日の朝には熱も下がったので昨日は学校にも行きました。

 

3日間、また子供のお昼の用意をしなければならないのが面倒ですが、長男の風邪が完全には回復していないので、オンライン授業になったのは良かったかも知れません。

 

 

さて先日、自分以外の家族全員が新型コロナに感染してしまった職場の方の話を書きましたが、

yumirizu.hatenablog.com

なんと、その方は結局新型コロナには感染しなかったそうです。

ご家族も回復し、平和な日々が戻ってきたとのこと。

 

ものすごい感染対策を頑張ったのかと思ったら、実際は感染対策をする余裕もなく、感染覚悟で対応していたという事で、かなりの特異体質なのでは?と言う話になりました。

今までインフルエンザにも罹ったことが無いそうです。

 

もしかしたら感染しているけど無症状なだけかもしれませんが、何も辛くないなら罹っていないも同然なわけで、そういう方の体質を研究したら新型コロナの薬などの研究の参考になるかも知れないなぁと思いました。

もしも家族が新型コロナに罹ったら

先日、職場の方のお子さんが新型コロナに感染し、その後、奥さん、他の子供たち・・・と感染していき、結果的に、職場の方を除くご家族全員が新型コロナに感染してしまいました。

 

赤ちゃんもいるご家庭なので、先週木曜日は、

「家族の看病が大変すぎて仕事にならないので休みます。」

るという事でお休みを取っていました。

 

状況的にご本人も感染する可能性が高いのでは・・・と思っています。

 

その方の状況を聞いて、改めて

「家族が感染した場合、家庭内での感染対策・隔離の方法」

について考えたいと思いました。

 

大人は部屋を分けてドア越しのやり取りをすればよいと思いますが、問題は子供です。

 

職場の方の家庭も、最初に罹ったお子さんが保育園児のため隔離が難しく、すぐに母親が感染、その後母親を通して他の兄弟が感染してしまったと思われます。

 

まず、子供が感染の疑いがあるという状況になった場合、母親と父親どちらがその子供のお世話係になるかを決める必要があります。

 

両親ともが感染した子供のお世話をすると、親が同時に感染して共倒れになる可能性があるので、子供の対応は1名に絞り、もう1名はいざと言う時の命綱として、徹底して子供には近づかないようにする必要があると思いました。

 

よく考えたら、感染力の高いノロウィルスに感染したときと同じですね。

 

お世話担当の親が感染した頃には、おそらく子供も症状が治まりつつあると思うので、もう1名の親が子供のお世話を担当し、万が一もう1名の親が感染してしまった場合でも、時間差で最初に罹った方の親が回復していれば何とかなると思います。

 

特に小さなお子様いるご家庭は、事前に夫婦で役割分担を話し合っておくと良いと思います。

林間学校から帰宅

昨日、小5の長男は無事、林間学校から帰って来ました。

 

昨日でかけて今日帰ってきたのであっという間でした(笑)。

 

1泊だけなので、保湿クリームも飲み薬(アレロック・アトモキセチン)も持っていきませんでしたが、何とかなりました。

 

キャンプファイヤーが一番楽しかったそうです。

それ以外の細かいことはあまり話さないのでよくわかりませんが、友達とはそれなりに問題なく過ごせたようです(たぶん・・・)。

忘れ物も無かった様で安心しました。

 

ただ1日目も2日目も少し雨が降ったそうで、そこは少し残念でした。

 

あとは、今後販売される写真で様子を確認したいと思います。

 

前回も書きましたが、1泊2日なんてどうってことないと思えたのは、夏休みに塾のサマーキャンプに参加したおかげかなと思います。

 

次に子供だけで参加する旅行は、6年生の修学旅行か、また塾の合宿に参加するか?!

 

これからも、無理のない範囲で色々な経験を積んでいけたらと思います。