本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

アドベントカレンダーは何歳まで?

もうすぐクリスマスですが、毎年カルディで子供たちに

アドベントカレンダー

を購入し、子供たちは12/1~クリスマスイブまで、1日ずつチョコレートを楽しんでいます。

 

私がいつも買うのは、カルディで一番安い値段で売っているカレンダーです(笑)。

今年はこのカレンダーを購入。

www.kaldi.co.jp

毎日出してみると、色々な模様のチョコが入っています。

 

でも先日、IKEA(渋谷)でも同じくらい安い値段で売っているのを発見。

カルディのアドベントカレンダーは11月の早い段階で買っておかないと無くなってしまうので、買いそびれたらIKEAでもいいかな?と思っています。

 

 

それで今、長男と次男は毎日1粒ずつアドベントカレンダーのチョコを食べているのですが、長男はもう小学4年生で、年齢的にそういうのがギリギリな感じ(もはやアウト?)という感じがして、長男に

「こういうのって何歳までやるんだろうね?」

と聞いたら、

「僕はチョコ食べたいからこれからも買ってきて」

と長男。

 

私が、

「でもさー、中学生とか高校生にもなって「やった!今日は雪だるまチョコだ~♪」とか言うの?」

と聞くとさすがに長男も笑っていました。

 

そして、昨日のカレンダーを開け、

「今日は手袋のチョコだ~♪やったやった~!」

と、わざと大げさに飛び上がって喜んでから食べていました(笑)。

 

さて、いつか長男が、

「これ恥ずかしいから、もう普通の板チョコ買ってきてよ。」

と言う日が来るのか来ないのか?!

 

とりあえずはこれからも、断られるまで毎年アドベントカレンダーを買ってくるつもりです(笑)。

民間放課後デイ174回目~個別支援計画面談

昨日は長男の民間放課後等デイの活動がありました。

 

今回は、長男の療育中に個別支援計画の面談を行いました。

 

長男の目標としては、引き続き

①お友達と円滑なコミュニケーションを取れるようになる

②最後までお話を聞いて行動する

③自分の気持ちを理由を含めて説明する

というものでした。

 

②については、

「これからお話しします」

と言うように宣言すれば聞けるのですが、自然に始まった話などは聞けていなかったり、実は聞いていても相手の目を見ていなかったりするので、その辺りを引き続き見ていきたいという事でした。

 

③については、最初はテンプレートでやり取りしていたのが、最近は自然な会話のキャッチボールが続いているという事でした。

 

今後は、

①お話を聞く姿勢の改善(相手からどう見えるか?を考える)

②みんなの前で発表に慣れる

と言う点を目標にしていきましょう、と言う話になりました。

 

 

活動の方は、長男含めて男の子2名、女の子1名での活動でした。

 

活動内容は以下のとおり。

1.シャトルラン

2.筋トレ

3.しつもんゲーム

4.ストラックアウト

5.ふうせんバレー

 

1.シャトルランは、今日は疲れたという事で20回行ったそうです。

特に問題なくできている様で、

「何で学校の体力測定でうまくいかないんだろう?」

と言われてしまいました。

 

2.筋トレは、黒ひげ危機一髪を使いながら負けたらダイアゴナルなどをするというゲームをしたそうです。

 

3.のしつもんゲームについては、先生と2人で行ったそうです。

学校であったことや、習い事について上手にお話で来ていたという事です。飼ったことがある虫のことや、最近うれしかったことなど。

 

4.のストラックアウトとは、こういう遊びです。

こういうちゃんとした商品ではなかったようですが、ストラックアウトで遊びながらボール投げの練習をしたそうです。

 

5.ふうせんバレーは、ルールは守れたが、先生の名前がすぐに出なかったりする場合があったという事でした。

 

 

面談をしてみて、来年も通った方がよさそう・・・と思いましたが、塾が忙しくなるのでまだ迷っています。

enaのテスト結果

この前の土曜日、長男がenaの月例テストの結果を持ち帰ってきました。

 

自己採点では、算社が90点台、国理が80点台でしたが、算数のみ90点台、それ以外は80点台でした。

 

何とか4科目80点以上だったので、任天堂カード(3000円)を購入しました。

 

でも購入しようと思っていた、フォートナイトのナルトのスキンは販売が終わっていました・・・(涙)。

 

しばらくしたら再販されるかな・・・と思いますが、いつ再版されてもいいようにお金を取っておくように話しています。

 

昨日はフォートナイトのシーズンが終わり、今日から新しいシーズンが始まっているようです。

 

長男も次男も、しばらくはマイクラよりフォートナイトの日々が続くのかも知れません。

 

 

さて今日は、長男の民間放課後等デイがあります。

個別支援計画面談も予定しているので、いつもより早めにお迎えに向かう予定です。

小1次男の授業参観に行ってきました(2学期)

昨日は、小1次男の授業参観に行ってきました。

 

科目は「日本語」でした。

 

詩を読んだりしていたのですが、1年生はみんな元気!!可愛い!!

 

みんなどんどん手を挙げているのに、次男はなぜか一度も挙手がありませんでした。

昨日の面談では、挙手も結構していると言っていたので、もしかして私がいるから・・・?

 

明るくて仲の良さそうなクラスでよかったです。

 

でも、毎年クラス替えがあるので、2年生になったらまたメンバーがシャッフルされてしまうんですけどね。

 

 

さて、もうすぐクリスマスですが、長男にはもうサンタさんのことはばれているのでまぁいいのですが(笑)、次男はまだ信じているので、

「そろそろプレゼント決めないとサンタさん間に合わないよ。」

と言いました。

 

すると、恥ずかしそうにメモに

「なるとのひぎわ」

と書いて見せてきました。

 

「ひぎわ・・・?」

秘儀輪?ヒギワ?何??

 

よくよく聞いてみたら、フィギュアのことでした(笑)。

 

タブレットを見ながら二人で探したのですが、やたらお目が高く(笑)、次男が選ぶものはどれも2万円以上くらいするのです(笑)。

 

「こんな高いのサンタさん買えないんじゃない?」

と伝え(笑)、次男がAmazonで選んで決めたフィギュアは、中国の怪しい販売元で評価も悪く、しかも他に同じものを売っているサイトが見つからないのです。

無理だろ・・・。

次男に、

「ここで買ってもちゃんとしたのが来なさそうだよ・・・」

と言ったら、

「心配しないでお母さん、サンタさんはちゃんと欲しいものを届けてくれるよ!!」

と次男(笑)。

 

「それじゃあさ、サンタさんにお金もらって、それを持って秋葉原のフィギュア屋さんに買いに行くのはどう?」

って聞いたら、

「え?!サンタさんにお金頼むの?!お母さん、お金はルール違反だよ!!」

と次男。

はい確かにそうでしたすみません(笑)。

 

次男は「サンタさんがちゃんとわかるように」と、頑張ってお手紙にそのフィギュアの絵まで描いてしまいました。

困りました・・・。

とりあえず出来る範囲で頑張ってみます。

長男と次男の小学校面談(小4&小1・2学期)

昨日は、長男と次男の個人面談のため、テレワークを抜けて学校に行ってきました。

 

1学期はテレワークしていた夫と一緒に行きましたが、最近、夫は出勤しているので一人で参加しました。

 

まずは長男(小4)の面談から。

 

先生は、通級と連携しながら、基本的には同じように指導していると言っていました。

説明がわかりやすく、見通しが立っている状況だとちゃんと動けているが、あいまいな指導をしてしまうと手いじりなどが始まってしまうという事で、わかりやすさを心掛けているという事でした。

 

話が聞けていないときは、長男の机をトントンして気づかせ、学習に集中できるように対応しているということです。

 

係り活動については、今年、1学期に配膳係、2学期は牛乳のストローを集めて捨てる係(笑)になったそうで、今のところ忘れずにできているという事でした。

 

学習面については特に問題なし。

話し合いの時は意見も言えていて、理科の実験なども意欲的に参加できているという事でした。

 

・・・という事で、特に問題なく終わってしまいました。

 

 

次に次男(小1)。

 

学習面は気になることは無く、テストで間違えてもケアレスミス程度なので気にしていないという事でした。

字も上手だと言われました。

確かに次男の字は濃くてしっかりしています。

長男は字がすごく汚くて大変なので、怒られているのを見ているからなのかな・・・(笑)。とりあえず良かったです。

 

挙手もよくするが、声が小さいのでそれが直るとなお良いと言われました。

 

鍵盤ハーモニカや運動も出来ていて、体の使い方が上手だという事でした。

 

全体的に、話はちゃんと聞いて言われたことはきちんとやるが、自己アピールはあまりしないタイプだと言われました。

 

あいさつの返事も声が小さいそうで、全体的に控えめで声が小さいと言われたので、次男の吃音のことをお話してみました。

 

先生は次男の吃音のことは全く気付いていない様でしたが、次男は幼児の頃に結構吃音が酷く、今もまだ少し残っていることを伝えたところ、

「それもあって大きな声で話すのが自信ないのかな・・・」

と先生が言っていました。

 

私からも、次男にはもう少し大きな声で話すようには伝えるものの、学校でも吃音のことを気にしてくれるという事でした。

 

ひとり10分間なのであっという間でしたが、ふたりともそんなに悪いことは言わずに済んでよかったです。

 

今日は次男の授業参観なので、また学校に行ってきます。