本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

~あげる、~くれるを逆に言うことがある

今日は、アスペルガー症候群に該当する長男の行動(3歳9ヶ月(療育前)) の、
「12)~あげる、~くれるを逆に言うことがある」
についてどういうことなのかを具体的に書きます。

 

これは言葉の通りで、例えば長男が次男に歌をうたって喜ばせてあげた時、長男が
「ねえママ、ぼく次男君に○○の歌をうたってくれたんだよ~」
と私に言うので、そのたびに
「うたって”あげた”でしょ」
と指摘するのですがなかなか直りません。

 

広汎性発達障害の場合、
「自己と他者の関係を把握する力が未熟なため、立場によって言葉を変えることが上手くできない(自分と相手の立場を転換させることが苦手)」
と言うのが原因のようです。

 

「自己と他者の関係を把握する力が未熟」と言うのは、
3)初対面の人に馴れ馴れしく話しかける
にも通ずるものがあるのかな・・・と感じます。

 

同様に「おかえり」「ただいま」も逆に言いますね。
最近まで
「キミはクレヨンしんちゃんかっ!」
なんて笑っていましたが、これもアスペルガー症候群が原因なのかな・・・。

あと逆さバイバイはしませんが、逆さピースはあります。
最近若い子たちがよく逆さピースをしている(小顔効果とネイルを見せるためだそう)のをテレビか何かで見てやってるのかなと思っていましたが、これもアスペルガー症候群が原因だったのかも・・・。

ちなみに、逆ピースは英語圏ではリバースピースと呼ばれ、侮辱の意味として受け取られる危険性があるそうです。

ピースの件は本人に全く注意していなかったので、これから指摘して直していくようにしようと思います。

 

発達障害に気付くまで本当に何とも思っていなかったことが、発達障害の視点でみると次から次へとあてはまる・・・という感じです^^;。

とほほ・・・ですが頑張っていくしかない(笑)!!

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ