本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

初対面の人に馴れ馴れしく話しかける

今日は、アスペルガー症候群に該当する長男の行動(3歳9ヶ月(療育前)) の、
「3)初対面の人に馴れ馴れしく話しかける」について具体的に書きます。

これは危険でも悪いことでもないし、さすがに大きくなったらやらなくなるんじゃないかと思うのですが、今のところ地味に困っています。。。

 

長男の場合、道ですれ違うだけの様な全くの他人はさすがに対象外で、例えば、
「同じ保育園の別のクラスのお父さん」
とか、
「病院の待合室で一緒に待っている知らない人」
と言うように、
「一度も話したことが無い他人だけどあるカテゴリでは仲間」
になっている相手に対して、初対面でも馴れ馴れしく話しかける傾向があります。

 

ただし小さいころからの経験で、
「女性は子供好きが多い」
「中高年の男性は子供が苦手な人が多い」
と言う傾向を学習しているせいか、一応は相手を見てから話しかけているように見えます(笑)。

親子連れは大体子供に優しいため、長男にとっては格好のターゲットだったりします。

 

こういう時、親が社交的であればそのまま世間話に持って行ってもいいのかもしれませんが(それも迷惑かもしれないけど、中高年のおばさんだと喜ぶ(笑))、私も夫も知らない人と話すのが好きではないので結構しんどいんですよね^^;。

これもある意味親に与えられた試練なのかも(笑)?!

 

最初のうちは、
「知らない人に話しかけたらダメだよ、長男君だって突然知らない人に話しかけられたらビックリしちゃうでしょう?」
と説明していましたが、ある時
「もしかして長男的には知らない人に話しかけてもらったら嬉しいのでは?」
という事に気付き、
「世の中には突然知らない人に話しかけられると「嫌だなぁ」って思う人が多いのでやめようね。」
と言うような形で説明するようにしています。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ