本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

どうしたら良くなるのか?!長男の中耳炎

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

先月の25日から発症していた長男の中耳炎ですが、ようやく治りかけていたところ、この前の土曜日から再び耳垂れが出るようになってしまいました。

 

長男は鼻水がさほど出ない時も中耳炎になってしまう場合もある為、耳鼻科の先生より、

「もしかすると鼻うがいの水が耳に入ることで中耳炎になっているのかも知れないので、試しに1ヶ月は鼻うがいを中止しましょう。」

と言われ、鼻うがいもやめていたのですが、鼻うがいをやめても発症してしまうという事は、やはり鼻うがいが原因ではないように思います。

 

一昨日(12/26)からクラリス(抗生剤)を飲みはじめたところ、今回はよく効いて改善しつつあるのですが、いつまでも抗生剤を飲み続ける訳にも行かず、本来はそのために耳のチュービングもしているのに、それでも中耳炎になってしまうなんて、どうしたらいいのかな・・・本当に困ってしまいます(涙)。

   

 

 

耳鼻科の先生からは、

「体を疲れさせない様に」

と言われているため、早く寝る様にもしているし、耳鼻科にも頻繁に通ってるし、鼻も出来るだけかませるようにしているし、ローヤルゼリーやサプリなども飲ませているし、私としてはこれ以上やりようがないくらい頑張っているつもりなのですが。

 

来月、鼻のクリニックで鼻炎の手術をする予定ですが、副鼻腔炎手術ではなく、神経遮断の手術に変わってしまったため、鼻水が出ないのに中耳炎になることを考えると、手術で中耳炎が改善する可能性も低い様な・・・。

花粉症の時期には多少、良いかも知れませんけれど。

 

副鼻腔炎の手術であれば、膿や炎症が取れることで、中耳炎にもなりにくいようなイメージを勝手に持っていたので・・・。

 

 このサイトをみると、

「(中耳炎の)年齢分布は5~7歳に集中し、10歳を過ぎると急激に減少します。」

と記載があり、長男はまさにピーク真っただ中の時期に該当します。

10歳まで我慢すればいいのでしょうけれど、あと3年もこの状態は厳しいものがあります。

日本耳鼻咽喉科学会愛媛県地方部会・愛媛県耳鼻咽喉科医会 / 健康ナビ / 滲出性中耳炎

 

とりあえず、今は鼻のクリニックの鼻炎手術にかけるしかありません。

とにかく、諦めずに頑張って試行錯誤を続けようと思います。 

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

◆ トラコミュ 笑顔になれる子育て

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ