本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

療育13回目(その3)~来年度から療育が月2回に?!

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

昨日の続きになります。

・初対面の人になれなれしく話しかけてしまう

アスペルガー症候群の人は何かに興味があるとどうしても

「それについて知りたい」

とういう欲求が強くなってしまい、「その人が誰であるのか」と言うことがどうでも良くなってしまうために、知らない人でも平気で話しかけたりしてしまうのだそうです。何だか納得^^;。

 

それについて私は、

「知らない人に話しかけられたら怖いし、ビックリするものなんだよ」

という説明をしていましたが、それを継続的に続けることと、その他にも誘拐などの危険もあるので、

「知らない人の中には怖い人もいるかも知れない」

と言うことも防犯の意味で説明しておいた方が良いと言われました。

 

その他、現在の習い事(幼児教室や、空手道場にチャレンジしたけど断られてしまったこと)等もお話しました。

 

 

 


そして、今回の面談で突然、

「来年度から療育が月に2回になります」

と言われました。

長男にとっては療育の機会が増えてありがたい事なのかも知れませんが、私も仕事をしているので、次男の様にまだまだ体調を崩しやすい年齢の子供がいる中で、毎月2回、固定でお休みを取られるのは非常に辛いです。

 

時間的に半休を使えたらいいのですが、時間はこれからアンケートの回答をもとに決まっていくと言うことで、難しい時間の場合は全休を取るしかありません。

 

アンケートでは希望するつもりですが、土曜日とか、平日15時以降の様な半休対応しやすい時間は主に小学生が対象の様なので、就学前の子供はどうしても平日の10時とか11時の様な半休を取りづらい時間になってしまいそうな雰囲気でした。

 

本当にどうしよう・・・。

療育の曜日と時間は固定の様なので生休を毎月使うのも不自然です^^;。

なので2回のうち1回は父(おじいちゃん)にお願いするしかないのかな・・・。

父(おじいちゃん)の都合が悪い時は夫にも参加してもらおうと思います。

どうしても大人の都合がつかなければ、最悪、療育をお休みさせるしかありません。

 

来年長男が小学生になれば、土曜日とか午後の半休を取りやすい時間に変わるだろうし、何とか来年度だけは頑張って乗り切ろうと思います。

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ