本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

中耳炎は治ってなかった様です・・・(涙)

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

ここ最近、全然鼻水も出ず快適に過ごしていた長男。

中耳炎もきっと治っているだろうと思い、念のため確認で久しぶりに耳鼻科に連れて行きました。

 

すると・・・

「風邪を引いてて鼻水が出ているけど、全部口の方に流れてきてて、中耳炎も治っていないですね・・・」

と言われてしまいました(涙)。

 

咳も、鼻水も、熱もないのに風邪?!

 

2週間後に耳の手術をした大きな病院の予約があるので、それまでは、保育園のプール・水遊び両方ともNGだそうです。

理由としては、「耳に水が入るから」と言うよりも、冷たい水で体温が奪われ、風邪や中耳炎の回復が遅れるからとのことでした。


やはり、耳のチューブが早めに取れてしまったのが残念と言うことでした。

少し前に先生が、

「一度チューブをつけた鼓膜は弱くなっているから、すぐにまたつけることはあまりない」

と言っていましたが、状況を見る限り、またチューブをつけたほうがいいのではと感じます。

 

 

 

先生は「梅雨が明けたら治るかも」と言いますが、仮に良くなっても3ヶ月くらいで秋が来て風邪などひくようになり、また中耳炎になってしまうと思います。

 

でもチューブを取りつけた日の事を考えると・・・恐ろしいです。

yumirizu.hatenablog.com

 

2年くらい前に中耳炎で耳鼻科に通っていた時、

「まだ小さいからチューブの施術は大きな病院に行って全身麻酔かも・・・」

みたいに言われた事があったので、全身麻酔でチューブ施術は出来ないこともないはず。

 

丸一日とかかかってしまうかも知れないけれど、短時間眠っていられるような全身麻酔を入れてもらい、眠っている間にササッとチューブを入れてもらう事が出来たらいいのに・・・と思います。

 

確かに全身麻酔も怖いけれど、長男が苦しんだり、その後トラウマになるのも問題です。

実際、耳をいじられることに抵抗を持つようになり、なかなか耳掃除ができなくなってしまいました。

 

先生に聴覚過敏を持っていることを説明して、お願いしてみようと思います。

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ