読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

演劇発表会前の長男の毎日の様子

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

長男の保育園で、今月演劇発表会があります。

yumirizu.hatenablog.com


そのため、自閉症スペクトラム児が嫌う

「いつもと1日の流れが違う」

という状態が頻繁に発生している様です。

 

近々療育も控えているため、

「演劇発表会の練習で1日の流れが変わる日が多いと思いますが、最近の行動で気になる事があれば教えて下さい。」

と連絡ノートに質問しました。

 

すると、

「劇については話の内容が分かっていて、流れ、動きも繰り返しのパターンで構成しているので、迷わず練習を楽しんでいます。」

「全体練習などで活動が続いている日は、気持ちの高ぶりの姿もあり、個別に話をして落ちつけるようにしたり、自由遊びの時間を確保するようにしています。」

という回答でした。

 

 

 

とりあえずは先生の工夫に感謝です。

劇の内容もたまたま長男が好きな絵本が題材になっていたので助かりました。

 

先生の話の中で、

「気持ちの高ぶりの姿もあり、個別に話をして落ちつけるようにしたり」

の部分が、具体的にどういう様子なのか、どういう話をしたのかが気になるため、また聞いてみたいと思っています。

 

演劇発表会では、年長クラスの子が合奏をするみたいなのですが、それを見て長男はどうしてもシンバルを叩いてみたいと私に言うので、

「先生に「ちょっと叩いてみたい」ってお願いしてみたら?」

とアドバイスしました。

 

その日の夜、どうだったか聞いてみたら、

「年長組の子しか使ってはいけないからダメ」

と言われてしまった様です(笑)。

これについては、正直どこまで本当の話なのか怪しいものを感じるので(笑)、また先生に聞いてみたいと思っています^^;。

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ