読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

積極奇異的行動を楽しむ方法

長男の日々の様子 長男の日々の様子-3歳

先日家族でお出かけしたのですが、帰りに電車に15人くらいの小学生が乗り込んできました。

みんなどこかで作った工作を壊れないように容器に入れて持っていたのですが、長男はそれが気になり、
「ねぇねぇそれなあに?一緒に遊ぼうよ!!」
と近くにいた男の子に話しかけてしまいました。

 

「やっちまった!!」
と内心思いつつ(笑)、
「まだ3歳なんだ、ごめんね」
と言うと、小学生の子は突然気さくに話しかける長男に戸惑いつつも、相手が小さい子なので冷たくも出来ず・・・と言った感じで最初は最低限の応対をしていたのですが、長男が昆虫のおもちゃを持っていたので逆にそれに食いついてきました(笑)。

私も会話に入りつつ、しばらく昆虫の話や、妖怪ウォッチの話、恐竜の話などをして、ひとりの子が長男を気に入ったのか、ずっと私たちの隣に座って一緒にいてくれました。

 

小学生の子供たちと一緒にいたお姉さんに聞いたら、学童保育で夏休みの遠足に出かけたその帰りだったそうです。

 

夫は次男を抱っこして寝かせようと立っていたので他人のふりでしたが(笑)、私自身は知らない子供たちとお話し出来て楽しかったし、1時間くらいかかる電車の乗車時間があっという間に終わったので助かりました。

それから、そういう民間の学童施設もあるという事を知ることが出来たのもプラスでした(料金は高いのでしょうけれど・・・)。

 

長男の積極奇異的行動については、まずは「話しかけそうだな」と思ったら事前に注意しておくなどの予防策を打つことが大事なのですが、結果的に話しかけてしまった場合は声をかけたのがこちら側なので、相手が嫌そうでなければ今回の様に思い切って楽しんでしまうのも手かなと思いました。

でもまずは長男に事前に注意するのを忘れないようにしなければと思います。


長男の積極奇異行動については以下の記事にも書いています。
今日は小学生の持っていた工作がどうしても気になったんだろうな・・・と思います。

yumirizu.hatenablog.com

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ