読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

「NHKスペシャル 発達障害 ~解明される未知の世界~」を観て(その1)

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

以前お伝えした通り、21日(日)にNHKスペシャル 発達障害特集を観ました。

なんと当事者の方々の意見をメールやFAXで聞くために生放送!!
(再放送出来るのでしょうか・・・?)

www6.nhk.or.jp

 

冒頭、以下の説明がありました。

発達障害の可能性のある小中学生は15人にひとり。

世田谷区にある発達障害専門外来のある病院(昭和大学付属烏山病院)の発達障害受診者数は、

2012年:3,376人(延べ)

2016年:7,497人(延べ)

と、5年前と比べて2倍以上に増加している状況。

 

全国の病院で受信希望者が相次いでおり、長いところでは1年待ちと言う状況になっているため、今年1月には国から専門的医療機関確保の一層の取り組みなど、状況の改善勧告が出でいると言うことでした。

 

 

 

その後、発達障害の特性の中でも「感覚過敏」についてターゲットをあて、発達障害当事者から世界がどのように見えているのか、どのように聞こえているのかを映像化された解説がありました。

 

聴覚過敏の高校生の女の子が出てきたのですが、彼女は蛍光灯の音や冷蔵庫の音までうるさく聞こえてしまい、普通に生活しているだけでも凄く疲れると言っていました。

 

その様に、さほど大きな音ではない雑音も全てが一定のレベルの音に聞こえてしまうために、目の前にいる人の話を聞きとれないと言う状況について映像化されていたのですが、かなり聞き取りにくく、難聴と同等の障害を感じている事を理解してもらえないのは相当辛いだろうなと思いました。

現在の研究では、脳が関係のない音を遮断出来ないためだろうと言われています。

 

これを見て、

「長男もこういう理由もあって人の話を聞いていないのではないか・・・」

と心配になってしまいました。

 

長男は昔から少しでも大きな音がすると、その時にやっている事を放り出して音のする方向に行ってしまったり、駅で電車が通る時も必ず耳を押さえているので、聴覚過敏を多少なりとも持ち合わせている事は間違いないと思っています。

まだ5歳なのでどの程度自分の聞こえ方について表現できるかわからないのですが、長男に直接、普段どんな風に聞こえているのか聞いてみたいと思いました。


長くなってしまったのでまた明日続きを書こうと思います。

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ

療育16回目~すごく良かったモニター観察式療育

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

実はこの前の土曜日、今年度初めての長男の療育でした。

 

今回から担当者も変わり、私としては今まで相談してきた方がいなくなってしまったのが寂しかったのですが、長男は新しい人に変わっても普通に慣れ親しんでいました(笑)。

ももしかしたら大好きだった以前の女性担当者がいなくて寂しいと思っているのかも知れませんが・・・良くわかりません^^;。

 

今回は年度初めなので、個人情報提供同意書や利用契約書に名前を書いたり押印しながら、今回から長男の療育の様子を別室のモニターで見ることが出来ました。

モニターはひとりひとり個別に与えられ、イヤホンを使ってみる事が出来ます。

 

今回の療育は長男含め子供3人で、指示行動の遊びと自己紹介、ブロック遊びでした。

指示行動の遊びと言うのは、立つ、手を挙げる、座る、歩く、笑う等の行動を、最初はイラストと言葉で指示を受けながら行い、その後は言葉のみ(イラスト無し)でやっていました。

3人とも楽しそうに出来ていました。

 

 

 

今回初めてモニターで長男の療育の様子を見たのですが、まさに

「百聞は一見に如かず」

と言う感じで、担当者から話だけでフィードバックを受けるよりも、長男の苦手部分や得意部分がハッキリと見えて本当に良かったです。

 

保育園でも習い事でも、集団の中の長男の様子を見る機会がないので、

「普段こういう風に集団の中で過ごしたり、大人の人に接しているんだな」

と言うのを知ることが出来ました。

 

普段一緒にいると、当たり前の様に手伝っていたことでも、

「なんだ自分でちゃんと出来るのね・・・」

と気付くことも出来たし、逆に行動が遅くてもどかしい部分もありました。

 

ブロック遊びでは、初対面ということや特性もあるのか、3人ともそれぞれが別々に遊んでいました。

慣れていけば、少しずつ一緒に何かを作ったり出来るようになるといいなと思います。

 

私が長男の事で相談できる時間が無いのが嫌でしたが、

「相談したいことがあれば終わった後に話しかけてもらえば対応します」

とのことだったので、何かあれば都度相談していきたいと思うので、次回から立ち話程度に相談できる内容を用意していきたいと思います。

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ

長男について保育園と面談しました(その2)

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

昨日の記事の続きです。

 

帰宅後「1.人との距離感が近い」については、長男に、

「抱きついたりキスをしてよいのは家族だけ」

と言う様に説明してみしました。

 

本当は友達同士でも、ドッチボールみたいなゲームに勝った時とか、本当にうれしい時はハグしあってもおかしくないとは思うので、その辺りを説明してみたのですが、

「言っている意味が良くわからないので、抱きつくのをやめる事にする」

と言うし、実際長男にはその微妙な加減はまだ難しいと思うので、一律

「自分からはお友達には抱きつかない」

と言う方針にしました。

 

それから長男は、

「抱きついたり、手にキスする様な「馴れ馴れしい行動」はしてはいけない」

と言っても、「馴れ馴れしい行動」が何なのかを理解できないと思うので、先生には他にもそういう行動があれば、改めてその行動について注意してほしいし、私にも教えて欲しいとお願いしました。

「知らない人に話しかけてはいけない」と同じパターンですね。

 

いつか本人が、

「あぁ、こういう事が「馴れ馴れしい行動」だからダメなのね」

と気付く時が来るまで、具体的にやってはいけない行動について一つ一つ注意してつぶし込んでいく作業になるのだろうと思います。

 

 

 

「2.言葉だけの説明だけだと理解できない時が多い」についてはいわゆる「視覚優位」だからだと思うのですが「想像力の欠如」も原因しているのでしょうか?

普通は言葉で説明された時に、頭の中でその映像をイメージすると思うのですが、それが出来ていないからなのかな?と思いました。

イメージする訓練をする様にすれば、理解につながるのか・・・。

そもそも特性なので無理強いは出来ないのか・・・。

 

とりあえず対策として、何か初めての事をするとき、家で出来ることであれば一度練習してみるとか、実際にやるのが難しい事でも、動画などをみせてイメトレの様な事が出来れば少し違うのかも知れません。

そもそも「長男が近々初めて対面する出来事」がわからないと出来ない事なのですが、出来る範囲で頑張ってみたいと思います。

 

「3.集会でじっと座っているのが難しい」については本当に長男の課題ですね・・・。

小学校高学年くらいになればきっと落ち着くのでは?と思うのですが。

飴でも食べさせればもう少し持つとはおもうのですが、保育園でそういう訳にもいかないですし、最近すっかり怠けていた瞑想をまたやってみようと思います。

yumirizu.hatenablog.com

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ

長男について保育園と面談しました(その1)

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

昨日、保育園で長男のクラス担任と面談をしました。

園での様子については、以下の様な報告を受けました。

 

1.人との距離感が近い

お友達への愛情表現として「抱きつく」「手にキスする」と言った行動を取る事がある。

今は慣れ親しんだお友達だから何とか許されている状況だが、小学校にあがって初対面の子にも同じことをすると嫌がられる可能性がある。

それを担任が注意・説明しても、本人的には

「自分がされたらうれしい事なのにどうしてダメなの??」

と思っているからなのか、なぜダメなのかを心からは理解できていない様子で、

「相手の気持ちを伝えたときに入りにくい印象があります」

と言われました。

 

 

 

2.言葉だけの説明だけだと理解できない時が多い

毎日行うことについては問題なく出来るが、例えばプール初日の様に一日の流れが変わる時など、先生が言葉だけで説明しただけでは理解しきれていない場合が多く、そういう時は後から図解したり、別途詳しく説明をしている。

 

3.集会でじっと座っているのが難しい

お誕生会の様な場面において、他のことに気を取られてしまったり、体を揺らしてしまったりするので、隣に保育士さんがついて、体をさすったりして会に集中できる様サポートしている。


上記以外については、お友達とは男の子とも女の子とも仲良くやっていて、攻撃的な場面も無く、ルールのある外遊びも楽しく出来ているとのことでした。

運動面についても、縄跳びや大縄跳び、棒のぼりなどもそれなりに出来ているとの事でした。

逆上がりが出来ていないのが心配でしたが、出来ていない子の方が多いので問題ないと言われました。でも自分が幼稚園時代には余裕で逆上がりが出来ていたと言う記憶があるんですけどね・・・。

 

折り紙が苦手なのが気になっている事を伝えたのですが、 長男と同じくらいのレベルの子はクラスにもいるので問題ないみたいに言われてしまったのですが、私としては同じ「出来ない」でも、長男と他の子はきっと本質的に違う様な気がしています。

(他の子は単純に折り紙が嫌いだから、とかそういう理由なのかも)

 

長くなってしまったので、上に書いた1~3の見解や長男への説明については、また明日書こうと思います。

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ

心配・・・これって2年前と同じパターンなのでは?!

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

少し前に、次男の吃音が大分改善してきたと言う記事を書きましたが、

yumirizu.hatenablog.com

 

保育園に確認したところ、保育園からも

「少し前と比べるとだいぶ良くなっています」

と言う回答を貰うことが出来たので、来月の保健センターの予約をキャンセルしようかと思いました。

そして、その事を保育園に伝えると、

「そういうところは予約を取るだけでも大変だと思うので、せっかく予約したのであれば一応行ってきてはどうでしょうか?完全に治った訳ではないので、適切な対応方法を教えてもらえると助かるのですが・・・。」

と、どうにか保健センターに行くことをゴリ押しされてしまいました。

 

 

 

何だか私、これにそっくりな経験をした覚えが・・・。

 

2年半くらい前、長男がアスペルガーを診断されるまでの経緯の中で、福祉センターの予約をキャンセルしようとしたときに保育園から言われた時の状況にすごく似ている事に気づいてしまったのです。

yumirizu.hatenablog.com

 

何だかデジャヴ的なものを感じ、次男もまさか本当に吃音症なのでは・・・という不安な気持ちになりました。

と言う事で、とりあえず来月は次男と保健センターに相談に行ってきます。

かなり改善しているので、保健センターの人から

「来なくても良かったのに」

みたいに思われないといいのですが・・・。

 

次男がどもるところの動画も撮れていないので、何とか頑張って撮影したいと思っています。

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ