本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

通級62回目~物忘れ防止メモ効果続かず(涙)

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

昨日、長男が学校から通級活動の連絡ノートを持ち帰って来ました。

 

①運動

・サーキット

→久しぶりの運動でした。

集合・整列の活動では、「ぶつからない」と言う目当てがあります。

しかし1番に集合したい長男君は、友達の前に体を入れ、抜かされない様にしていました。

近くにいた先生に、

「長男君がわざと友達にぶつかろうとしていたように見えたのですが・・・」

と言われると、

「1番になりたくなっちゃった」

と振り返っていました。

 

1番になりたいと言う気持ちは大切にしつつ、場面によって変えられることを目指したいですね。

 

②聞く・話す

・見逃さナイス

・カレンダー 

 

③個別

・ふりかえり

・クラス課題

 

 

 

 

 

④コミュニケーション

・タイミングゲーム

 

→クラスの方では、係活動(黒板)を忘れてしまうと言っていました。

机にメモを貼ってあるものの、気にしなくなってしまったそうです。

ただ、「自分で気にしないといけない事だよ」と伝えています。

「意識する」「気をつける」経験になれば良いのですが・・・期待しています!!

 

⑤連絡事項

コースター完成しました!お家で使ってください!

 

⑥在籍学級担任から

黒板当番、今日はやっぱり忘れてしまっていたので、私が声をかけました。

 

 

係の件は、我が家で未だに解決していない、

「ポケットの中のハンカチを洗濯機に出すのをいつも忘れる」

という問題と同じですね。

一体どうしたら・・・毎日のハンカチ問題 - 本当にあったアスペル男子の愉快な日々

 

メモは最初のうちは効果があるんですが、そのうち景色になってしまって意味がなくなってしまうのですよね。

 

長男の黒板係は、確か6時間目など時間が決まっていたと思うので、その時間になったらバイブレーションでアラームが鳴るような腕時計とか持たせたらいいのかも知れませんが、学校に電子機器を持って行ってはダメだろうし、何か良い方法を考えてみたいと思います。

 

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

◆ トラコミュ 笑顔になれる子育て

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ

仕事が予定より遅れがちな人の改善方法は?

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

私は仕事で管理的な事をしているのですが、一緒に仕事をしている人の中で、なかなか進捗を守れない人がいて困っています。

 

以前にも一度だけ記事に書いたことがある、非常にまじめな男性社員です。

ここではKさんと呼びます。

長男と重なる・・・生真面目な男性社員 - 本当にあったアスペル男子の愉快な日々

 

いつもKさんには、作業に対して期間を長めに取ってスケジュールを立て、最初はそのスケジュールで問題ないと言うのですが、毎回ほぼ確実に遅れてしまい、残業しても終わらない・・・という状況なってしまうのです。

 

主な理由としては、

①お願いしていない作業を勝手にやってくれてしまっている

②サラッと終わらせればいい作業にものすごく時間をかけている時がある

③作業内容を伝えて合意したのに、数日するとなぜか忘れていてそれが無かったことになっている時があり、期間近くなって望んだ成果物の状態に全くなっていない事が判明し、結局遅れる

 

例えば、

①チーム内のテスト担当から、「システムの不具合を発見した」と言う報告があったので、私がチームのグループハングアウトで、

「Aさん(その部分を作っていた人)に確認してもらうので、先のケースを進めていてください」

とテスト担当に伝えたのに、いつの間にか関係ないTさんが勝手に調査して解決方法を検討し、連絡をくれたりする時があります。

 

一応「ありがとうございます」とは言うけれど、本音としては

「それは自分の作業に余裕のある人がやればよいこと。お願いだから自分の作業を進めてくれ!!」

と少しイライラしてしまいます。

 

 

 

②は、私が作った画像を見せたら、画像の色のRGB(色味)に異様なこだわりを見せ、頼んでもいないのに、

「見本と同じ色はこの色番号(RGB)だと思います」

と訂正してきました。

見本は明確な色指定をしているものではないので、逆にその通りにするとデザイン的に少しおかしいので私がアレンジしていたのですが。

作業時間は聞きませんでしたが、RGB(赤緑青)3色の色番号を1つずつ調整して色を決めていたとしたら、結構時間を消費したのでは・・・と思います。

 

他にも本当に色々あって、5~10分くらいでサラッと見て欲しい、洗い出してほしい、というお願いをしたのに、おそらく1時間は使っているだろうと思われる細かい報告が上がってきて驚く・・・という事が多々あります。

ありがたいけどここまでしなくて良いし、自分の作業が遅延するならむしろ迷惑です。

 

①②については、興味を持った事柄に対して、時間をかけても気が済むまでやりたくなってしまい、自分ではどうしても制御出来ないのかな・・・という気がします。

Tさんは発達障害ではないと思いますが、個人差の範囲で少しだけそういうところを持ち合わせているのだと思います。

 

③は書いた通りです。

若いのに、時々、物忘れが激しい時があります。

(もしくは遅延をごまかすために、聞いていなかった事にしようとしているか)

 

 

あまりにも頻繁に遅延が発生するので、昨日、本人に、上の①~③の傾向がある気がするみたいなことをやんわりとお話してしまい、後で

「あー、言わない方がよかったかな・・・、傷ついたかもしれない。」

と、少し後悔しています。

 

こういう事は、本人を変えようとするよりも、こちらの指導法を工夫する方が効率的だろうと思うので、対策を考えてみました。

子育てにも役立つかもしれないですし。

 

こんなサイトも参考にしてみました。

【たった1つ】仕事の優先順位をつけられない人がやるべきこと|セーシンBLOG

 

①②については、

「当日の作業と、どこまで終わらせるか」

を毎日明確にして、それ以外の作業が入ってきた時には、やるべきかどうか一報を入れてもらうことにしたいと思います。

②みたいな、ちょっとした確認をお願いする時も、

「文言だけ間違いがないか、〇時〇分(5分後)に回答ください。」

と、見て欲しい部分と、終了時刻を明確に添えるようにしようと思います。

 

③については、進捗に影響する様なちょっとした話のやり取りも、わかりやすい内容で記録に残して、後から

「先週こうしましょうってお話したじゃないですか」

という事態が発生しない様にしたいと思います。

 

これで上手くいくか、しばらく頑張ってみます。

 ◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

 ◆ トラコミュ 笑顔になれる子育て

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ

長男が次男をいじめる理由がようやく判明か?!

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

以前より、長男が次男に対して微妙な意地悪をするのが気になっていました。

 

「微妙な意地悪」

 と言うのは、ものすごく強くたたいたり暴言を吐いたりすることは無いけれども、何の前触れもなく突然、長男が軽めの力で次男の頭をたたいたり、次男を押したりする時があるのです。

 

過去にもこのようなブログを書いたことがあります。

yumirizu.hatenablog.com

 

「何か理由があるのかな?!」

と思ってはいたのですが、ずっと理由が分からないままでした。

 

理由が分からないので、

「何で突然叩くの?!」

となり、結局長男が悪者になっていつも終わることになります。

 

 

 

 

先日も、長男と次男と3人でリビングにいる時に同様の事があったので、

「今なんで叩いたの?!何かあるんだよね?言ってごらん?」

「私と次男君は、長男君じゃないから、長男君の思っている事は言葉で伝えてもらわないと分からないの。どうして叩きたいって思ったの?教えて!!」

と、長男に詰め寄りました。

 

すると、段々と目に涙をためる長男。

これは絶対に何かあると思い、

「お願い教えて?お母さん知りたい!」

と、回答を待ちました。

 

すると涙声で、

「さっきお母さんから注意された時、次男君が全然関係ないのに「そうだそうだ!」と一緒に言ってきたのが嫌だった。」

と言う事が出来たのです。

 

確かに次男は、私が長男に何か注意をする時、一緒になって偉そうに

「そうだそうだ!!長男君〇〇しなさい!」

という時があり、それが長男としてはものすごく嫌だったらしいのです。

でも言葉で伝えられないので、いつもタイミングを見て叩いたりして仕返しをしていたらしく。

 

その他にも、次男君だけが褒められている時も気に入らない様です(笑)。

 

長男が褒められている時、次男は

「僕も偉いでしょ?!僕もほめて!!」

と言ってくるので、「次男君と同じように言えばいいじゃん?」と長男に言ったら、

「恥ずかしいからそんなこと言えない」

とのこと。

しかもその状況の場合、次男が悪いのではなく、次男しか褒めない大人に対して不満を持てばいいのに、次男に向かうのはおかしいのでは?という話はしました。

 

でも、ようやく長年の謎が少し解けて本当に良かったです。

 

夫やおじいちゃんにも伝えて、日々の生活の中で、そういった状況にならない様に気をつけて行きたいと思います。

 ◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

 ◆ トラコミュ 笑顔になれる子育て

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ

脳波検査で発達障害がわかるのか?

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

私は発達障害関連のサイトよく見るからなのか、インターネットを見ていると、発達障害のクリニックや、放課後等デイサービスなどの広告が良く出てきます。

 

そう言った広告の中には時々、

発達障害を脳波で検査するとグレーゾーンでも診断することが可能」

と言ったクリニックがあったりします。

 

脳波の傾向で、発達障害やうつなどの状態がわかると言うものらしいです。

 

治療も、薬ではなく脳の外側から電流を流して脳の神経を活性化したり抑制したりすることで、諸症状を改善すると言う方法が書かれていました。

 

月に1~2回通院し、2年くらいかけて治療を進めると、今まで飲んでいた発達障害などの薬を減薬できるというものだそうです。

 

「根本治療出来る」

とは明記していませんが、

「根本治療につながる可能性がある」

と書かれていました。

 

子供の場合、2年も治療したら成長によるものなのか、電流のお陰なのか全然分からないのではないかと思うのですが・・・。

 

 

 

ただ一方で、この様な記事もあります。

www.blog.crn.or.jp

 

 

上記サイトから引用すると、

発達障害注意欠陥多動性障害自閉症スペクトラム学習障害)の診断には、学習障害を除いて、この検査をすれば診断ができるといった検査がありません。

血液検査や脳波検査、MRIなどの脳機能画像、さらには知能検査などの様々な心理検査によって、注意欠陥多動性障害自閉症スペクトラムの診断をすることはできません。

医師や医学、心理学研究者は、注意欠陥多動性障害自閉症スペクトラムの診断をすることのできる検査法を必死に探していますが、残念ながらまだ見つかっていないのです。

 と、はっきり書かれているのです。

 

脳波測定したり、電流で治療する病院は、子どもは医療費控除で無料なのか自費診療なのか、よくわかりませんでした(口コミを見ると多分自費っぽい)。

 

家からすぐ近くにあって通いやすく、さらに子供が医療費控除で無料だったら行ってみるかも知れませんが、家からも遠いし色々と忙しいので、行くつもりはありませんが・・・。

 

もう少し信頼できる実績や口コミが増えたら検討するかも?しれません。

 ◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

 ◆ トラコミュ 笑顔になれる子育て

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ

アスペルガー症候群、最悪のケース

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

今、図書館でかりた

発達障害に生まれて』

という本を読んでいます。

 

勇太君と言う自閉症の子を育てるお母さんの記録になります。

発達障害の子供を育てる母親の本音が書かれていて、共感できる部分も多く面白いです。

 

まだ最後までは読み終えていませんが、その中で、アスペルガー症候群の子供のケースが載っていて、おそらく私が今まで読み聞きした中でも最悪のケースだったので、書いておこうと思います。

 

子供の名前はT君。

T君の両親は、よく喋るし知能にも問題ないため、T君が発達障害アスペルガー症候群)であるとは夢にも思わずに過ごすことになります。

 

T君は小学生の頃から、しょっちゅう友人とトラブルになり、担任から話を聞くと、明らかにT君が悪い悪いため、父親はT君を厳しく叱り、妻にはしつけ教育の悪さを責め、それが何年も延々と続き、夫婦の間でもいさかいが絶えなかったそうです。

 

 

 

そのうち学校でいじめられルようになり、一人も友達が出来ないT君。

相変わらず、担任の先生は「問題はT君にある」と親に指摘。

父親はますますT君に腹を立て、手を挙げることも。

 

ただT君はかなり学業の成績が良かったので、地元で比較的レベルの高い高校に進学。

しかしそこでも対人関係は上手くいかなかったそうです。

 

T君は絶えずイライラし、母親に怒りを爆発させることも。

睡眠障害になり、学校に遅刻することが多くなり、成績はどんどん落ちて行き、高校3年生で不登校になり、結局退学。

 

しだいに引きこもりの生活となり、昼夜が逆転し両親との会話は激減。

20歳を超えるとお酒を飲むようになり、部屋にこもって壁を蹴り、叫び声をあげるようになりました。

結局、朝も夜も睡眠薬を服用し、眠っているか暴れているかのどちらかのような状態となったそうです。

 

T君を説得の上、ようやく精神科を受診。

Tさんがアスペルガー症候群で、それを周囲が誰も気づかなかったために、二次障害を起こし、心のバランスを失ってしまったという事が判明。

 

Tさんは

「親は何をしていたんだ!俺の人生は何だったんだ!!」

と激怒し、暴力をふるい包丁を持ち出すようになってしまいました。

 

夫婦はTさんを自宅に残し、アパートに移り住み、解決の糸口は全く見えていないという事です。

 

こんなことって・・・不幸すぎます。

小学生~高校生くらいまでの10年間、テレビや書籍など、発達障害に気づけるきっかけは無かったのでしょうか?

 

また精神科で全てがわかった時点で、親も心から謝罪し、自分の子育ての失敗を認めたのでしょうか。

父親はプライドが高そうなので怪しい・・・と感じます。

まずは、今まで何もかも母親のせい、子供のせいにして、本当の子育てから逃げてきた事を認め、

「子供の気が済むなら一度くらい刺されてもいい」

「自分の人生を投げ捨てて、この子の人生を救ってやらなければ」

位の気持ちで立ち向かうべきだと思います。

そうしないと、無関係な人を相手に犯罪を起こしかねません。

 

そのうえで、

「T君はまだ若いし、頭がいいのだから、”一緒に”人生やり直そう!」

と言ってみるしかないと思います。

 

Tさんは今どうしているのか・・・。

少しでも、幸せになっているといいのですが。

 

本を全部読み終えたら、また感想を書くかもしれません。

 ◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

 ◆ トラコミュ 笑顔になれる子育て

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ