本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

療育26回目

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

昨日は1ヶ月ぶりの療育でした(今年の第1週はお正月休みだったため)。

風邪などひきやすい時期なのでお休みの子もいて、参加者は長男含め3名でした。

 

いつもの通り、椅子に座る練習、言葉遊び、体を使った遊びなどをしたあと、工作で節分の鬼のお面を作りました。

 

別室のモニタから見ていて、今回はさほど気になる事もなく終わったのですが、終了後に寄った病院で保育園で同じクラスのお友達に遭遇しました。

工作で作った鬼のお面をそのまま持っていたので、慌てて私のリュックにしまいました。

もしお友達がそのお面に気付けば、絶対に

「そのお面どうしたの?」

って聞くだろうし、聞かれたら長男は絶対に

「○○(療育センターの名前)で作ったの!」

って言うと思うので・・・。

 

 

 

そのお友達は、学区の関係で通う予定の小学校も違うので、特にカミングアウトの予定はありません。

逆に言うと「小学校が違うから知られても構わない」という風にも考えられるのですが。


今まで大きな作品だと手持ちで持ち帰っていたのですが(笑)、これから療育に行く時は、長男に上履きを入れたレッスンバッグを持たせ、工作を作ったらその中に入れて持ち帰る様にしようと思います。

今まで何年も療育に通って今更と言う感じですが、療育に行く時は工作を入れる袋はあった方が良いですね^^;。

 

ちなみに先日ご紹介した『COCORA-自閉症を生きた少女2 思春期篇』について、とうとう読み終わりました。

 

明日以降、感想をご紹介出来ればと思います。

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ

繊細な性格を図太くする方法は?

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

昨日の記事にも書いた通り、3歳次男が周囲を気にして繊細すぎる傾向があるため、少しでも図太い性格に育てるにはどうしたらいいのか、調べてみることにしました。

 

調べてみたところ、考え方としては大きく2つの見解があり、

「親の性格が子供に似てくるため、親の接し方次第で改善する」

と言う説と、

「子供の性格は生まれ持ったものなので、なる様にしかならない」

と言う説がありました。


「親の性格が子供に似てくるため、親の接し方次第で改善する」

について私たち夫婦で言うと、私が割と楽観的、夫は心配性です。

 

夫の心配性なところは、数年前までは地震の心配が無駄に多かったですが、現在は主に仕事面に対する部分が多く、子供の前で心配性なところを見せている様な場面はあまりないように感じます。

いずれにしても夫の性格はもう治らないと思うので、

「出来るだけ子供たちの前で繊細な部分を見せないようにする」

と言う対応しか出来ないかなと思います。

 

 

 

次に、

「子供の性格は生まれ持ったものなので、なる様にしかならない」

について、「なる様にしかならない」と言われてしまうと対処の仕様がなく悲しいのですが、世の中には、「ハイリー・センシティブ・パーソン」と呼ばれるタイプの人も結構な割合で存在する様です。

 

私も長男と次男を見ていると、性格は生まれつき持ったものが多くの割合を占めると思いますが、後天的に改善したり、悪化することは割と普通にある事だと思っています。

 

私が考えている次男への対策は、以下の3点です。

①無理強いしない範囲で経験を積ませ自信を持たせる

②場合によっては開き直っても構わない事を教える

③他人は、自分が思っているよりもさほど自分の事を気にしていないものだと言う事を教える

 

③について、長男に対しては真逆で

「もっと他人の目を気にしなさい」

と言うことを教えなければならないのですが・・・(笑)。

 

あと注意したいのは、図太くなっても絶対に礼儀はわきまえなければなりません。


本当に、長男と次男を足して2で割りたいものです。

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

◆ トラコミュ 笑顔になれる子育て

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ

再び始まった次男の吃音(どもり)の原因

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

昨年の春ごろに3歳次男の吃音(どもり)が気になり、地域の相談窓口に相談に行ったりしていた経緯があるのですが、

yumirizu.hatenablog.com

yumirizu.hatenablog.com

 

ここ最近、再び吃音がひどくなってきてしまいました。

 

昨年、吃音がひどくなったのは、元々の周囲を非常に気にする性格に加え、「演劇発表会」や「進級による教室や担任の変更」の時期が重なった事が原因として考えられていたのですが、担任の先生に聞いたところ、ちょうど今月から「演劇発表会」の練習を始めていると言うことで、やはり次男にとってプレッシャーになっているのかな・・・と感じました。

 

 

 

そのため次男に、

「演劇発表会なんだけど、上手に出来ても出来なくても、元気に次男君が出てくれるだけでお母さんはうれしいし、いっぱい拍手してあげるからね、だから気楽に、次男君がやりたいようにやればいいからね。次男君だったら失敗しても、みんな「可愛い~」って思ってくれるから大丈夫よ。」

と説明しました。

 

そうしたら、驚いたことにその直後から吃音が改善したんです!!

本当に90%以上は改善した様に感じました。

やっぱり「演劇発表会」のプレッシャーがすごかったのかな・・・と思います。

 

保育園で練習するとまた吃音が出てしまうかも知れないので、3月の演劇発表会までの間、出来るだけプレッシャーに感じたり、気にしたりしないようにと言う説明は続けて行きたいと思っています。

保育園の先生にも今回の状況を伝え、少し協力してもらおうと思います。

 

次男は繊細な子なのだろうと思うので、今後も色々と乗り越えなければならない場面が出てくると思いますが、工夫しながら頑張って行かなければと思います。

 

繊細な子を図太い性格にするには、経験を積むしかないのかな・・・。

ちょっと調べてみたいと思います。

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

◆ トラコミュ 笑顔になれる子育て

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ

四谷大塚の入塾テストを受けてみました(テスト結果)

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

この前の日曜日に受けた、四谷大塚という塾のテストですが、

yumirizu.hatenablog.com

 

昨日、塾から電話連絡があり、

「合格基準は優に超えていました。」

という報告を頂きました。

 

当日の状況としてまず最初に言われたのが、

「試験官からの報告では、長男君はすごく人の話を聞けていて、試験官の意図をしっかり受け止めて回答していたのと、言葉の感覚が非常に素晴らしかった様です。」

ということで、正直なところ、ひっくり返って目が飛び出てしまうくらい驚いてしまいました(笑)。

「言葉の感覚がいい」と言うのは、言葉の欠けた文字を穴埋めするような言葉に関する問題がよく出来たと言う事らしいです。

 

今回うまく出来た理由は、テスト前に私がしつこく、

「とにかく先生のお話をきちんと聞きなさいね。長男君は、ちゃんと先生の話さえ聞きさえすれば絶対に解けるんだからね。」

と言ったことや、たまたま受験者が長男だけだったために試験官と1対1でテストが出来たこと、テスト時間がたった30分程度だったことなどが幸いしていたのかも知れませんが、今まで頑張ってきた療育や、小学校受験の訓練も役に立ったのかも知れません。

学校の授業でもこの様な姿勢で取り組んでくれたらいいのですが・・・。

 

もちろん間違えてしまった問題もあり、規則性の問題や、回転図形、お話の記憶について、間違えていた問題もあったと言う事です。

終わってから再度見直しする様に言っておけば良かったかも知れません。

 

 

 

点数は特に言われなかったのでわからないのですが、入塾の合格基準は満たしていたため、

「体験授業に来ませんか?」

と言われたのですが、幼児教室と曜日がバッティングしていて、しかも体験授業の終了時間がちょうど幼児教室の始まる時間だったので、移動時間分幼児教室を遅刻しなければなりません。

 

「少し考えます」

と言って電話を切りました。

ただ、先日の説明会や電話をくれた方の話し方としては、

「特に入塾のつもりが無くても、お子さんのレベルを確認されるために受ける方もいらっしゃいますし、まだ1年生なので、今の段階ではスポーツや音楽などの習い事を頑張ってみるのも良いと思っていますので・・・」

と言う感じで強い勧誘があるわけでもなく、印象としては良いところだなと思いました。

体験授業に行けば、その時ついでに入塾テストの結果(点数など?)も詳しく見せてもらえそうな感じでした。

 

そもそも1年生から塾なんて通わせる予定は無かったのですが、最近の塾は、子どもが勉強を好きになる様な、割と楽しい内容になっている様でした。

1つの教室の生徒の人数もかなり少ないみたいです。

 

第二次ベビーブームの私たちが子供時代に通っていた塾は、教室に沢山の生徒が詰め込まれ、先生が一方的に子供たちに説明するだけだった様に記憶しているので、このン十年間かで色々と工夫改善されているのだなと思いました。

 

長男も、

「あの塾に通ってみたいな~」

と言っていましたが、授業となると1時間程度は席についていなければならないので、また何度もトイレに行ったりするのではないか・・・など、色々と不安です。

 

もう1つの大きな問題はお金の件もあります。

これを受講するなら金額的に、先日体験で参加したSSTトレーニングの方は、放課後等デイサービス(全額自己負担ではなく1割負担の方)の空きが出るまで見送りになります。

 

とりあえずは体験授業を受けてから考えてみるか・・・迷います。

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

◆ トラコミュ 笑顔になれる子育て

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ

四谷大塚の入塾テストを受けてみました(当日の様子)

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

今年の8月、長男を連れて某学習塾の「囲碁教室」に参加したのですが、

yumirizu.hatenablog.com

 

それ以降、予想通り様々な案内メールが届くようになりました(笑)。

そして某学習塾と言うのはタイトルの通り「四谷大塚」です。

 

案内メールの中に、

「新1年生向け入塾テスト(無料)」

の案内がありました。

四谷大塚はうちから電車で行かなければならず、そもそも1年生からSST教室に行こうと考えていたため、通常の塾に通う予定は全くありませんでした。

yumirizu.hatenablog.com

 

ただ、長男に聞いてみたら「受けてみたい」と言うので、長男のレベルを把握する目的から、この前の日曜日に受けてみることにしたのです。

 

 

 

塾のビルが、当然ながら昨年囲碁教室を受けたところだったので、現地について長男は最初

「え~?!ここに入るのイヤだなぁ!!」

と嫌がってしまい焦りましたが、

「今日は囲碁じゃないから大丈夫」

と伝え、何とかビルに入る事が出来ました(笑)。

 

持ち物については特に何も持っていかなくても大丈夫でしたが、もし持参したものがあればそれを使うと言う感じで、一応持参していた鉛筆と消しゴムを使用しました。

 

夏の囲碁教室で居眠り&途中退出したことを言われるのではとドキドキしましたが、それについては何も言われなかったので良かったです(笑)。

 

当日の受験者は長男ひとりで、細かい内容はわかりませんが、試験官の説明のもと、お話の記憶、図形、常識問題(「土の中に出来る野菜は?」など)を行った様でした。

 

テストの時間は30~40分程度で、その間、私は別室で、今後の教育改革や中学受験、塾の説明を受けることに(笑)。

 

中学受験は経済的な理由から全く予定していませんでしたが(するとしても中高一貫公立校かな・・・)、先日友達から、中二男子時期に始まるであろう反抗期の話を聞くと、子供が素直なうちに高校や大学までついてくる中学校に入れてしまった方がいいのだろうか・・・とも思ったり。

 

1年生から塾なんて早い気がしますが、ある程度のビジョンは描いておいた方が良いのかなと思いました。

 

結果については届き次第お伝えします。

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

◆ トラコミュ 笑顔になれる子育て

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ