本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

「おじいちゃんと遊びたい」は何歳ぐらいまで?

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

昨日は祝日で夫が出勤だったので、父(おじいちゃん)が、長男と次男と遊ぶために来てくれました。

 

10時頃に来てくれたのですが、それまで長男と次男は、2人でスマブラをして遊んでいました。

 

おじいちゃんが来たのでスマブラを止め、おじいちゃんが買ってきてくれた「ほねほねザウルス」を組み立てました。

 

昨日おじいちゃんが買ってきてくれた分でコンプリートし、 ほねほねイフリートが完成しました。

f:id:yumirizu:20200225060409j:plain

ほねほねザウルス | カバヤ食品株式会社

 
 

 

その後、公園に遊びに行きました。

 

一旦、お昼ご飯を食べ、また近くの空き地で遊びました。

(ここの空き地、元々は広い駐車場だったのですが、相続の関係で駐車場を終了して別の物が立つとかで、今は工事も始まっていないので、格好の遊び場になっているのです)

 

15時くらいに帰宅し、その後は家でゲームしたり、おもちゃで遊んだり・・・。

 

長男は今小学2年生(もうすぐ3年生)ですが、こんな風におじいちゃんと遊ぶのは何歳くらいまで何だろう??と思います。

 

今の様子を見る限り、

「僕は1人でゲームする方が楽しいからおじいちゃん来なくていいよ」

なんて言う日が来るなんて想像できませんが・・・。

 

次男もいるので、あと3年、長くて5年くらいなのでしょうか。

 

いつかそんな日が来たら、またここに書こうと思います。

 

 

話が変わって、ちょっと私の話になりますが、先日ようやく労災の資料が出来上がり、2万円くらいの治療費が戻ってきました。

尾てい骨骨折から約半月後の状況 - 本当にあったアスペル男子の愉快な日々

ですが、土曜日に駅の駐輪場に自転車を停めるという何でもない動きで突然腰が痛くなってしまいました。

顔を洗うのに前かがみになるもの辛い・・・。

ギックリ腰なのかな??

治らなければ、尾骨の診察と一緒に診てもらおうと思います。

尾骨をかばって運動不足による筋力低下が原因の様な気がするのですが、これも労災で見てもらえるんでしょうかね^^;。

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

◆ トラコミュ 笑顔になれる子育て

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ

民間放課後デイ94回目~ちょっとした気遣いの大切さ

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

昨日は日曜日のため、民間放課後等デイの日でした。

 

今回は、おなじみの男子3人組での活動でした。

 

活動内容は以下の通りでした。

1.はしる

→5分間、音楽に合わせて走ります。

最初は、お友達に追いかけられると早くなってしまい、最初の10週はハイペースで走っていたのですが、途中からお友達を見ながらペースを落とし、全部で45周、落ち着いて走ることが出来たという事でした。

 

2.キャッチボール

→最初、右手で投げる時に右足が出てしまった長男。

右手で投げる時は左足を出すように説明し、出来る様になったのですが、手と足がバラバラでまだぎこちないのと、どうしても下に投げつけてしまうところが気になったという事でした。

 

そこで、キャッチボールを80回続けるという事を目標に、

「相手が取りやすいボールを投げて、出来るだけ長くキャッチボールを続けよう」

と言う目標でキャッチボールを続けたところ、70回も続けることができたそうです。

70回目で失敗してしまったのは長男なのですが、その時に

「失敗しちゃった・・・どうしよう」

と言う顔をしたそうなのですが、先生が

「失敗してもいいんだよ」

と説明して、残りの10回も楽しくキャッチボールが出来たそうです。

 

 

 

3.10クエスチョンゲーム

→あるお題を決め、それを当てるために、10個の質問をみんなで行い、お題を当てるゲームです。

今回、10個のうち一人2個の質問をするので、人の質問も聞いていないと他の人と質問が重複してしまうので上手くいきません。

これは楽しく質問をしながら、答えを当てる事が出来たそうです。

 

4.野球

→キャッチボールでも練習したように、相手が打ちやすいボールを投げる練習をしました。

 

今回は全体を通して、タイミングを見て2~3段階指示も行いながら活動をしたそうです。

指示は通っていたそうなのですが、例えば

「この活動が終わったら、椅子を片付けて水を飲みましょう」

と言う指示だった場合、長男が椅子を片付けようとしたときに、既にお友達が片付けてしまっていた場合、特に何もなかったかのようにお水を飲み始めてしまうのが少し気になったという事でした。

 

先生からお願いされている事なので、例えば、片付けてくれたお友達に

「ありがとう」

と言うとか、先生に

「片付けようと思ったらもう〇君がやってくれたので、お水飲んでもいいですか」

と確認するなど、その仕事を認識しているというアピールがあった方が良いのですが、長男の様に流されてしまうと、指示を覚えていたのかいないのかよくわからないという事でした。

 

もしかしたら長男としては、気づいていたけど、お礼を言うのも恥ずかしいとかあったのかも知れませんが、そういうちょっとしたアピールと言うか、相手の気持ちを考えての気遣いって、誰かと生きていくうえで大切なことですよね。

正直、夫もそういうところが足りないので、一緒にいて不安になったり、こっちから認識してるかどうかをわざわざ聞かなければならずイライラする事もあります。

そういう微妙なところを教えるのって、難しいなぁと思いますが、今後長男と一緒に過ごすお友達の気持ちを考えると、改善できたらといいなと思います。

 

 ◆ トラコミュ それぞれの*発達障害ともに*

 ◆ トラコミュ 笑顔になれる子育て

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ

どう思われてるんだろう?ダメダメな私たち親子

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

昨日も、長男は「ena(塾)」に行ってきました。

 

実は先週、長男は塾に宿題のプリントなどが入ったクリアファイルを忘れ、さらに鉛筆も1本無くして帰って来ました。

 

翌日の日曜日に取りに行けたらと思って帰宅後電話したのですが、

「受験対策で忙しいので、来週でもいいですか」

と言われてしまいました^^;。

 

小学2年生の子の忘れ物の事なんかより、人生が決まるかもしれない受験生の対策に集中したいですよね。

 

それで昨日、長男と少し早めに塾に行って宿題をやりました。

鉛筆も無事に見つかりました(笑)。

 

宿題も終わり、帰ろうかなと思っていた、なぜか突然長男が居なくなってしまいました。

教室の中にいたはずなんですが・・・長男が居ない??

 

一応、部屋の外に出てトイレの方も見ましたが居ない。

 

あれ・・・(汗)?

 
 

 

私がウロウロしてるのに塾長も気づき、

「どうしたんですか?」

と聞いてきたので、

「何か、ウチの子が急に居なくなってしまって・・・」

と言うと、先生も

「え?!」

と、ビックリ。

ですよねぇ・・・。

 

すると長男が教室の机の隙間から出てきて、

「何で見つけてくれないの?!」

とニヤニヤしながら出てきました。

 

忘れ物の件もそうだし、たぶん塾長の先生に、

「この親子、変わってるなぁ・・・」

と思われている気がします。

 

名誉挽回すべく頑張らなければ。

 

帰りに先生と話す機会がありましたが、

「授業は集中して出来ていますが、回答がやや雑なのでその点を頑張って行きたいと思います。」

と言われました。

 

字もそうだし、国語の解答の仕方や算数の式の書き方なども色々と雑なんだろうなぁと思います。

私は多少の事は目をつぶって「わかっていればいいや」と思って接してきました。

実は漢字も、学校のテストで書けているのに四角く書かなければならないところを少し丸く書いてしまったり、ハネが無くて×だったりしています。

細かいところを指導してくれるのはすごくありがたいと思いつつ、私の本心としては「その漢字に読みとれるレベルならいいんじゃない??」と思ってしまうんですよね。

書き順はその書き方が一番効率的みたいなので、徹底して教えていますが・・・。

これからの時代、自分の名前や住所以外を手で書く機会ってどれくらいあるんだろう?

 

でもこれからは、もうちょっと丁寧に解答を作る様に少しずつ教えて行こうかなと思っています。

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

◆ トラコミュ 笑顔になれる子育て

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ

首都圏情報 ネタドリ!「首都圏で感染拡大~新型ウイルス 対策は~」

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

昨日、なぜかキーワード録画で

『首都圏情報 ネタドリ!』

と言う番組が録画されていました。

www4.nhk.or.jp

 

私が登録しているキーワードは、

発達障害自閉症アスペルガー、深海」

なんですが・・・なぜ(笑)??

 

いずれにしても新型コロナは、北海道で小学生も感染が確認されていて心配なので観てみることにしました。

 

新型コロナの中国における年齢別の致死率がパネルで出ていましたが、10代以降しか数値が無かったので、10代未満は中国でもなくなった子はいないという事なんだろうと思いました。


 

 

また、

「1回発病して治ったらもう大丈夫?」

と言う質問については、

「データが全く無いが、おそらく、少なくとも短期的には罹りにくい状態、罹っても重傷化になりにくい状態になるだろうと予測される。」

と言う説明がされていました。

 

私は以前、

「新型コロナはインフルと違って何度も罹るらしい」

と何かで聞いたのですが、正しい情報だった訳でもないのですね。

色々なうわさや情報が錯綜しているので、気をつけなければなりません。

 

マスクは花粉症のシーズンが始まる前に多少準備していたので、一応1箱半(合計100枚くらい?)残っています。

ただ夫婦で4月末くらいまで使いたいので、100枚だと足りないので、あと2箱くらい欲しいところです。

 

子どものマスクも給食当番用で箱で買ったものがあるのですが、2人ともしないし、させたところで、つけたり外したり、もしかしたら下に落としたものをまた付けたりするかもしれず、きちんと管理出来ないので、大人と病院とか人の多いところに出かける時以外つけさせていません。

 

で、番組を最後まで観ましたが、なぜ録画されていたのか理由が分かりませんでした(笑)。

natgeo.nikkeibp.co.jp

 

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

◆ トラコミュ 笑顔になれる子育て

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ

発達障害の講習会に参加しました

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

少し前の話になるのですが、通級の企画で、発達障害の講習会に参加しました。

 

先生のお話では、日本は先進国になって、ほとんど高いIQを必要とする仕事が多くなってしまい、IQが低い人が出来る仕事が少なくなってきているというお話でした。

 

また、発達障害の子がじっとできなかったりする理由についても話してくれました。

 

人間には「前庭感覚」と言う感覚があり、

・回転を感じる感覚

・スピードを感覚

・動き(高低差)を感じる感覚

と言う役割を果たしているのですが、発達障害の子はそれが弱いので、より刺激を求めてクルクル回ったりして自分の体を確かめてしまうのだそうです。

 

また、小学校の朝礼などでも、立っているだけで体が揺れてきてしまうので、まっすぐに立ちじっと動かない努力が必要になります。

そのうえ、先生の話を聞くというのはとても大変なのだという事でした。

 

発達障害の人が、1日普通の人と同じように過ごすだけでとても疲れるというのは、こういう細かい苦労の積み重ねから来るのでしょうね。


 

 

また、感覚過敏についても研究結果のお話をしてくれました。

 

あるところに定型児と発達障害児の子供を集め、突然太鼓の大きな音を繰り返し鳴らすという実験をしたところ、普通の子は回を重ねるごとに太鼓の音に慣れていき、段々驚かなくなっていくところ、過敏な子はいつまでも慣れずにずっとビックリしてしまう事がわかりました。

 

よく発達障害の子に「嫌な事でも何度もやってみれば慣れるのではないか」と、嫌がる事を強制してしまう場合がありますが、それは全く効果が無いという事です。

 

ただし、以前テレビで、自閉症の天才ピアニストの子が、新幹線に乗れるようになるために、youtubeで電車の音などを聞いて騒音に慣れる努力をしていたので、本人のやる気があれば、慣れていく可能性はあると思います。

 

 

また、定型児は自分で勝手に学習できるけれど、発達障害の子はそれが出来ず、上手く学習できていないものを中高生になってから教えるのは反抗期も始まったりしてとても大変になるので、小さくて素直なうちに色々と教えてあげることが大切だという事でした。

 

例えば、発達障害に気づかず、何年も生きづらさを抱えてきた子が、何年も悩んで小学校高学年~中学生くらいで不登校になったとします。

そういう子をまた学校に行かせようとするのはほとんど無理なのだそうです。

本人も悩みに悩んで、ようやく「学校に行かない」と言う道を見つけたので、それはかなり固い意志で、動かしようが無いのだそうです。

 

なので、出来るだけ早いうちに見つけて、解決に導いてあげることが大切だという事でした。

 

最後に、ここ最近の研究結果では、小さい頃の特性と大人になった後の状態とで、以下の様な傾向があることが分かったそうです。

・小さい頃多動だった子ども→思春期以降多動はおさまる

・小さい頃不注意だった子ども→名物社長or会社の困ったさん

・小さい頃何も問題なかった→思春期以降不登校になる

 

多動で困っている子どもを持つお母さんは、将来に期待が持てますね。

不登校になってしまう子は、何も問題が無かったのではなく、きっと一生懸命いい子を演じているだけなんじゃないのかな、と思ったりしました。

 

他にも色々と興味深い話はありましたが、また機会があれば書こうと思います。

 

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

◆ トラコミュ 笑顔になれる子育て

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ