読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

発達障害児の親は兄弟を過大評価しがち?

次男のこと 発達障害とは

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

先週末、夫が次男を幼児教室に連れて行ってくれたのですが、帰宅後、

「次男君はすごく優秀だから、うまく育てれば天才になるかも!!」

と夫が何度も私に言うのです(笑)。

 

長男は父(おじいちゃん)の家に遊びに行っていて不在だったので、長男に聞かれる心配はありませんでしたが・・・。

 

今まで私も夫も、次男の前に長男の子育てしか経験がが無いため、どうしても比較対象が長男になり、言葉も早く反応が良い次男が非常に優秀に見えてしまうのですね。

 

私は出来るだけ、

「これが定型児なんだ」

と思うようにしているのですが、夫は次男を相当に過大評価しています。

 

昨日も、次男が畳んで床に置いてある私の服に気づき、

「ママはい!はい!」

と私の方に持ってきてくれたのですが、夫は

「本当に次男君は気が利くよね、この年でこういう配慮出来るのすごいよね」

と言っていました(笑)。

調べてみましたが、さほど珍しい事でもない気がします。

 

 

 

客観的に考えると、要は「親ばか」ってことで、誰かに迷惑をかけることでもないので構わないのですが・・・(笑)。


これって発達障害児を上に持つ兄弟・姉妹ではありがちな事なのでしょうか?

本当は極々普通の子供なのに、

「言葉が早い!!」

「テレビを見て一緒に踊ってる!!」

「歌を歌ってる!!」

「気持ちを汲んで対応してるよ!!」

などなど、何でもすごく見えてしまいがちなのです。


でも長男はアスペルガー症候群の特性からなのか非常に素直なので、私としては長男こそ、「上手く育てれば」優秀になる可能性があると感じます。

 

とにかく長男も次男もまだまだ小さい子供なので、可能性は沢山秘めているはずです。

その可能性をうまく開花出来る様に、本人の得意不得意をみながら試行錯誤しつつ、お手伝いさせてもらえればと思っています。

 

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ