本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

「口ごたえ」がはじまらない長男

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

--------------------

 

長男は4歳になり、以前と比べてだいぶ大人の言うことを聞けるようになってきました。

 

先日も長男に注意する際に、なぜそうしなければならないのかを一生懸命理由をつけて説明したところ、
「うんわかったよ、ママの言っている事、長男君よくわかった。」
と返事をするので少し驚きました。

 

悪い事をしてしまった時も、きちんと謝ってくれます。

先日、お昼寝中に鼻血が出て布団を汚してしまったのですが、その時も後から
「ママ鼻血出しちゃってごめんね」
とあやまっていました。別に長男が悪いわけでもないのに・・・。


このくらいの男の子はみんなそうなのかも知れないのですが、ママ命でとにかく素直なのです♡

長男はたぶん、私の事を神の様に思っている気がします(笑)。

 

 

男の子の子供を持つ知り合いの人は、
「3~4歳くらいになると口ごたえが始まって生意気になるよ」
と言うけれど、今のところ長男は特に口ごたえもありません。

 

でも実際のところは、
「口ごたえしない」
と言うより、
「口ごたえするズル賢さが足りない」
と言う自閉症スペクトラムの特徴なんだろうなと感じるので、複雑な心境です。

 

発達障害者はよく、
「真面目で素直で、人を利用したり、騙すことが出来ない」
と言われていますが、長男もそういう傾向があるとすれば、おそらく要領が悪く世渡りが下手なんだろうな・・・と感じます。

 

口ごたえ出来るという事は、小さいうちからディベートの訓練をしている様なものだと思うのです。

なのでそれをしないで成長するという事は、お友達に言い負かされていつも損な役回りになってしまったり、仕事でも営業成績が悪かったり、恋愛でも常に「いい人」で終わってしまったり^^;と言う状況が容易に想像できてしまいます。

そう考えると子供の口ごたえは、イライラするかも知れないけど成長の一つでうれしい事のはず。なので、普通の子どもよりも遅れて始まってもいいので、口ごたえが多少でも出てくれたらいいなと思っています。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ