本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

「発達障害という診断名がついていない人々」の苦悩


ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします♪

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

昨日、この様な記事を目にしました。

news.livedoor.com

 

グレーゾーンの方たちは、学生時代までは何とかうまく行くのですが、社会人になってつまづく人が多いですね。

 

普通の人?でも最初は初めての事だらけで悩むことも多いですもんね。

 

この方は、最初に就職したスーパーを辞め、工場内の軽作業やビルの清掃などの仕事で生計を立てている様です。

 

自分に何か重大な問題があるのだろうとは思いつつも、

「よくわからない薬を毎日飲んだり、障害者手帳をもらったりするくらいならこのままでいい。」

「『発達』に『障害』があるってかなりキツい表現だなって、正直、思っていますね。いきなり自分が『障害者』として周囲に扱われるのは不本意です。」

と言っています。

 

 

 

確かに・・・「発達障害」と言う名前、抵抗が無いわけではありません。

 

学習障害も「限局性学習症」、自閉スペクトラム障害も「自閉スペクトラム症」と言う様に新しい呼び方が出来ているので、発達障害も呼び方が変わる日が来るかもしれないですね。

 

ところで、社会人になってから、出来るだけつまづかない様にするにはどうしたらいいのでしょう。

 

学生時代に可能な範囲でアルバイトをさせたり、職場体験などがあれば積極的に参加させてみるのも良いのかも知れません。

 

あとは、自分の特性を知ったうえで仕事を選ぶことも大切でしょうね。

正直なところ長男に、ディズニーランドのアトラクションのお兄さんや、アパレルの店員みたいな仕事は絶対に向いていないと思うので・・・(笑)。

 

 

ところで、今朝のニュースでドラクエの映画化が発表されていました。

www.4gamer.net

 

個人的にはドラクエ3が一番面白かったと思いますが。

多分(絶対?)、長男と観に行くだろうなーと思います。

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

 ◆ トラコミュ 笑顔になれる子育て

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ