本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

長男と次男の小学校面談(小4&小1・1学期)

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

昨日は、長男と次男の個人面談のため、テレワークを抜けて学校に行ってきました。

テレワークで家にいた夫にも面談についてきてもらいました。

 

長男と次男の先生に調整してもらい、同じ日の近い時間で面談を設定してもらったのです。

 

まずは長男の面談から。

 

担任の先生は、長男の事まだあまり分からないという事で、長男の事を教えて欲しいと言われました。

そのため、

「授業中、話を聞いていない事があるので、大事な話の時は、

「長男君!」

と声をかけたり、聞いていたか確認したりして欲しい。」

と伝えました。

 

あとは、長男の鍵盤ハーモニカを次男にお下がりしてもいいか確認(笑)。

4年生は、合唱?合奏?コンクールで鍵盤ハーモニカの担当にならなければ使わないという事で、しかも、今はコロナで合唱コンクールを行う可能性も低いので、お下がりにして全然問題ないと言われました。

 

 

 

 

次に次男の面談。

 

まず、私が「児童理解資料」を出していなかったので、出して欲しいと言われました。

 

児童理解資料には、

「学校として知っておいた方が良いことがありましたら」

と書かれていたので、てっきり身体や発達に心配がある子しか出さないのかと思っていたのですが、全員提出だったようです^^;。

 

学校の様子としては、席が一番後ろだからなのかもしれないが、1テンポ遅れる様な感じがあり、また、姿勢の維持が難しそうだという事でした。

 

「反応が遅い・姿勢の維持が困難」

って・・・発達障害っぽいんだけど大丈夫?!と心配になってしまいました。

 

ここ最近は、慣れて来たのか手を挙げるようになって来たという事でした。

 

次男の事を聞かれたのですが、次男は

「優しい人になりたい」

と言うのを目標にしているので、その事を伝えると、

「優しい人ですか?!」

と先生が不思議がっていました(笑)。

将来の夢が警察官なので、出来るだけそれに近づこうとしているのかな?!

 

個人面談はひとり10分なので、あっという間に終わってしまいました。

 

 ◆ トラコミュ それぞれの*発達障害ともに*

 ◆ トラコミュ 笑顔になれる子育て

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ