本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

通級39回目~周りからもクレームを受ける

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

昨日、長男が学校から通級活動の連絡ノートを持ち帰って来ました。

 

①きく・はなす

・お話をおぼえよう

・報告します

・日直のスピーチ

→「報告します」で、順番を決める時、今回も「1番がいい」と主張しました。

周りの子に

「いつも長男君は1番って言う」

「たまには譲ればいいのに」

「1番にこだわりすぎだよ」

と言われ、最終的にはジャンケンで1番を勝ち取りました。

 

 

②作業

・輪ゴムでっぽう

→セロハンテープを使う順番を決める際も、はじめは「1番がいい」と言っていましたが、途中で「ゆずる」と言って他の人に1番をゆずりました。

 

 

 

③個別

・ふり返り

 

→なぜ②の時にゆずったのか理由を聞いてみると、

「いつも長男君は1番ばかりとみんなに言われて、少し嫌な気持ちがしたから」

とのことでした。

他のお友達に聞いてみると、

「長男君もゆずることが出来るんだね、いいと思う。」

と、いい感じの反応が返ってきました。

全て譲ることを良しとするのではなく、自分の取った行動が相手にどう思われるのかを知るために、1つずつ行動を振り返っていきます。

そして、少しずつ周りの人の目を意識できるようになって欲しいです。

 

④コミュニケーション

・協力障害物競走

・カルタ

 

④連絡事項

特になし

 

⑤在籍学級担任から

帰りの支度をしているときなど、長男君は全く悪気なく(むしろ仲良くしたい気持ちで)、お友達の肩などに何度も手を触れてしまう事があります。

お友達が「やめて」と言っても、なかなか理解が難しい時があるようです。

お友達に理解を求めながら、長男君へも根気強く声掛けしていきたいです。

 

  

長男がゆずった理由の

「いつも長男君は1番ばかりとみんなに言われて、少し嫌な気持ちがしたから」

と言うのは、相手を思ったわけではなく、言われて自分が嫌だったから仕方なく・・・と言う感じなのが気になります。

 

もしかしたら、

「譲られたらうれしい、それは相手も同じ。」

という事がわかっていないのかも知れません。

信じられませんが、そういう事なのかも・・・。

 

あと担任の先生からのお話も、保育園の時からの課題ですね。

保育園の時は、お友達を舐めたり、鼻水をつけようとしたりしていたので、肩に手を触れるだけであれば、まだよくなった方です。

家でもこれで弟と喧嘩になるので、本当に改善したいのですが、どうしたらいいんでしょう(涙)。

 

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

◆ トラコミュ 笑顔になれる子育て

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ