本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

長男が断られた空手教室、その後・・・

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

この前の日曜日、次男クラスの懇親会が行われました。

 

残念ながら(?)、私が長男と同じタイプなのではないかと気になっている、次男クラスの男の子は体調不良でお休みでした。

 

次男は特に問題なく、1人で虫を追いかけてどこかに行ってしまうでもなく、誰かと喧嘩するでもなく、お友達と楽しそうに遊んでいました。

お友達のお兄ちゃんに遊具を取られて困っていましたが・・・^^;。

 

長男の時と比べて本当に楽です。

普通の子供を持つ方にとっては当たり前の事なんでしょうけれど、私としてはありがたくてたまりません(笑)。

 

私は次男にだけ礼儀正しく、コミュニケーションスキルが強化する様に頑張って育てた訳でもないので、絶対に生まれ持ってきたものって大きすぎるよなぁと思います。

むしろ長男の方が何倍も頑張っています。

 

 

 

そして今回、クラスのお母さんから貴重な情報をいただきました。

約3年前、長男がお断りされた空手教室のお話、覚えていますでしょうか・・・?

yumirizu.hatenablog.com

 

聞いた話によると、その後、先生の中で内部分裂が起こり、以前の様に厳しい教室(小学生以上対象)と、年中からでも受け付けている楽しい教室とに分かれたらしいんです!


次男と同じクラスの子のお姉ちゃんが長く習っているのでよく知っていて、お姉ちゃんも、次男と同じクラスの子も、分裂した楽しい方に通っているそうです。

3年前に体験に行って辛い思いをした事を伝えると、

「その頃からお姉ちゃん習ってたから、同じ場にいたのかも知れないですね~」

という話になりました。

 

今ならお断りなんてないし、誰でもオーケー状態なんだとか。

前みたいに、小さい子たちが正座して、先輩のやる様子をずっと見るなんて言うつまらない時間もないから来てみたら?と誘われました。

でもそのかわり、少しゆるすぎる感があるみたいですが、上手になって物足りなくなったら厳しい方に行けばいいと言うお話でした。

 

一方、厳しい方の教室は、少しでもふざけると叩かれたりするんだそうで・・。

極端すぎる(笑)。

 

空手教室は、また挑戦して断られるのが怖くてずっと挑戦できていませんでしたが、習わせてみようかな?

ただ長男がもう空手に興味が無い可能性が・・・(汗)。

 

それに、時間が平日の夜なので、習うとなると帰宅後のタイムスケジュールを検討したりとかそれなりに覚悟が要るので、ちょっと考えてみます。 

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

 ◆ トラコミュ 笑顔になれる子育て

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ