本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

きっと免罪符が欲しいのかも知れない

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

私の長男がASDであることについて、何人かの知り合いに伝えているのですが、先日、そのうちの1人の友人から、

「自分も発達障害なのかも知れない」

と言う相談を受けました。

 

聞いてみると、

「全然片付けができないので、ADHDって言う発達障害な気がする。」

と言うのです。

でも素人判断になりますが、私から見る限り発達障害には見えません。

 

私は、

「一緒に仕事してみたら、1週間あれば本物かどうかわかる自信あるけど、友人関係だとわかりづらいなぁ・・・でも、あんまりそういう感じには見えないかな。」

ADHDがなぜ片付けられないかっていうと、何か作業をしているとして、その途中で別の事を思いついてしまったり、目に入ってしまったりすると、今やっていることを忘れて新しい作業を始めてしまう・・・と言う繰り返しで、気づいてみたら何もかもが中途半端な状態になっているんだ。

それは仕事でもそうだし、家事でもそう。だから、その時に終わらせるべき片付けを終わらせられない事の繰り返しで、最終的には汚部屋になっちゃう。本人は綺麗にしたいって真剣に考えているけど、病気だから無理なの。」

と説明したら、

「自分はちょっと違うかな・・・。ADHDってそんなにヤバいの?」

と言われました。

 

 

 

以前の職場にいたAさんの話もしました。

再び伝説になりつつあるAさんの近況 - 本当にあったアスペル男子の愉快な日々

このブログを「Aさん」で検索いただけると、ざくざくエピソードが出てきます(笑)。

 

話を聞いていて、申し訳ないと思いつつ、

「きっとこの人は、片付けられないことに対する免罪符が欲しいだけなんだろうな・・・」

と感じてしまいました。

発達障害だとわかったら、家族に正当な言い訳も出来、正々堂々とフォローを求める事が出来ます。

細かくは聞きませんでしたが、

「汚いから片付けてよ」

って、家族から頻繁に言われているのではないでしょうか(笑)。

 

私は素人なので、

「どうしても確認したかったら病院に行くべき」

と言ったので、もしかしたら本当に病院に確認に行くかもしれません。

以前、こういう人の事を記事に取り上げた記憶がありますが、探せませんでした。
見つけられたら、またここにリンクを貼っておきます。

↓見つけました^^;。

「病気ではない」という診断にガッカリする、自称・発達障害者の心理 - 本当にあったアスペル男子の愉快な日々

偽アスペルガー症候群とは? - 本当にあったアスペル男子の愉快な日々

 

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

◆ トラコミュ 笑顔になれる子育て

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ