本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

民間放課後デイ・31回目~のびのびと?個別療育

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

昨日は31回目の民間放課後等デイサービスでした。

 

今日も、次男には「お兄ちゃんを塾に連れて行ってくるから」と言って出かけたのと、外がとても寒かったので(笑)、長男と二人で出ることが出来ました。

昨日は本当に寒かったですね・・・。

もっと寒くなる予定の1月~2月を乗り越えられる自信がありません(涙)。

  

今回は、予定していた子が体調不良だったらしく、長男ひとりきりになってしまいました。

 

さて、今回のメニューは以下の通りでした。

1.おおなわ

2.ツイスター

3.しつもんゲーム

4.伝達ゲーム

 

今日は1人だったので、落ち着いて活動することが出来、話も聞けていたそうです。

また、順番も守れたし、名前も覚えていたとのこと。

片付けの時間も、他の子が片づけをせずに走り回ってしまうと一緒になって走って遊んでしまうのに、今回は率先して片付けしてくれたそうです。

 

 

 

担当の方にも、

「他の子がいるといないで、ここまで差が出るんですねぇ・・・」

と、しみじみ言われてしまいました。

長男の場合、小集団で活発な子がいるとどうしても影響されてしまい、落ち着きが無くなってしまいます。

 

しつもんゲームでは、

「魔法が使えたら何をしますか?」

と言う質問に対して、他の先生が、

「空を飛びたい!」

など言っている中、長男だけ

「なにもしない」

と答えていました。

 

「お家でひとりでお留守番したことありますか?」

と言う答えで、

「あります」

と答えた時、先生が

「お留守番してる間、何をして待っているの?」

と聞いたら、

「何もしないで待ってる」

と言うので、先生に笑われてました。

大抵ゲームして待ってるくせに・・・私がひどい親みたいじゃないの(笑)。

 

長男は、質問に対して本当に思っている答えを言うと、変わった人だと笑われるのではないかという恐怖があるのか、無難な答えもしくは答えない傾向がある様です。

別にそんなことはなくて、思ったことを言えば、そこからコミュニケーションが広がるのだという事を教えて行きたいのですが、時間がかかっています。

 

今までは単純に、

「気にしなくていいのに」

と思っていましたが、もしかして、保育園時代に何か好きな事の話をお友達にした時に、とても恥ずかしい思いでもしたことがあるのかな・・・と思ったりしました。

今度聞いてみます。

 

ツイスターでは、少し右と左で迷う事があったようです。

右や左は視覚化できないのでわかりづらいのかも知れません。

信号の赤い方が右だよ、と教えようとしましたが、そもそも長男、赤が右ってことすら認識できてませんでした^^;。

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

◆ トラコミュ 笑顔になれる子育て

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ