本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

7歳児・4歳児を連れて家族でTDLに行ってきました(その2)

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

昨日の記事の続きです。

 

学校の創立記念日(休日)にディズニーランドに行って来たのですが、同じクラスの子に3人も会いました。

しかも昨日学校に行くと、さらに別の子からも、「遠くから見かけたよ」と声をかけられたそうです(笑)。

あの広いディズニーランドでそんなに遭遇するという事は、1年~6年まで含めると、同じ小学校の子がかなり行っていたのだろうと思われます。

みんな考えることは同じですね(笑)。

 

さて今回、スターツアーズなどのやや激しい乗り物の身長制限(102センチ)をクリアできなかった次男ですが、保育園の身体測定では101センチでした。

私は勝手に、

「実際の身長は100センチ以上だけど、靴の高さを考慮して102センチ以上」

と言う定義にしているのかと思っていたので、靴を履いて測定したら行けるかと思っていましたが・・・ダメでした。

測定するパネルの102センチのラインは、靴の分も想定した高さ(104センチくらい?)になっているのでしょうか。

102ってすごく中途半端ですが・・・どうやって決めたんだろう?

今度行ったらキャストに聞いてみようかな。

 

スペースマウンテンやビッグサンダーマウンテンなど、あちこちで測り続ければ大丈夫と言ってくれるタイミングもあったのかも知れないですが、無理に乗って怖いといけないので諦めました。

 

そしてASD長男の聴覚過敏に関して。

スターツアーズ」は大変気に入って2回乗りましたが、ところどころ音が大きいのが嫌みたいで、手で耳をふさぎながら楽しんでいました。「カリブの海賊」も、船が大砲を打ち合うところで耳をふさいでいましたが、全体的に

「耳をふさぐくらい大きな音が鳴ってもいいからアトラクションを楽しみたい」

と言う感じでした。

 

 

 

そして今回利用した、ディズニーリゾートの定額タクシーについて。

TDR定額タクシーを利用する | タクシーなら日本交通

 

とっても良かったのですが、昨日も書いた通り時間変更が難しいので注意です。

確かに、予約の数時間前までであれば時間変更を受け付けているので、前日に朝の時間を30分早くしてもらおうと電話しましたが、結局空いている車が無くて変更できませんでした。

変更の受付はしていても、そのタイミングで空いている車が無ければ変更できないので、その点は注意が必要です。

それから電話が混みあっていてなかなかつながりませんでした。

予約の時は偶然つながったのだと思いますが、時間変更しようと思ったときになかなかつながらず困りました。

 

そして、4歳次男について。

次男は4歳になった翌日に遊びに来たので、4歳なり立てでした。

ベビーカーもなく、1日TDLで歩き回っていたわけですが、空飛ぶダンボを待っていた時、夫にだっこされながら20分くらい眠っていた様です。

その20分のお昼寝で体力回復したのか、1日頑張って遊ぶことが出来ました。

(ちなみに私が持っていた万歩計、1万9千歩でした。)

 

それにしても、子供とTDLに行くと、トゥモローランドトゥーンタウンファンタジーランドの辺りからなかなか抜け出せないですね^^;。

バズ・ライトイヤーに2回乗りましたが、長男はもっと乗りたいと言っていました。

結局クリッターカントリーには1歩も踏み入れることなく、ウェスタンランド・アドベンチャーランドの辺りにあまり時間をかけることが出来ませんでした。

 

それから久しぶりにTDLに行って驚いたのは、

「平日なのにすごい混んでる!」

という事です。

ハロウィン期間とは言え平日でこんなに混んでるってことは、休日は大変なことになっているんじゃないでしょうか。

入場制限があるので一定以上は入れないようにしているとは思いますが、お盆時期とか恐ろしいです。

シーも出来て人数分散されているはずなのに・・・すごいですね。

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

◆ トラコミュ 笑顔になれる子育て

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ