本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

発達障害児の「おかあさんといっしょ」出演

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

次男は先日3歳になったので、早速「おかあさんといっしょ」の収録参加申込みを始めてみました。

1年間くらい毎月申し込めるので、どこかで当選できるといいのですが。

 

実は長男も3歳の時に「おかあさんといっしょ」に出演しています。

その頃は、まだ長男が発達障害(ASD)である事はわかっていない時期でしたが、何とか行動出来ていたと思います。

中には、お母さんと離れるのを嫌がって泣いてしまい、収録スタジオに来たのに結局出られなかった子や、ずっと壁際に立ち尽くしている様な子もいたと思うので、少なくとも長男はそう言った子よりは行動出来ていたと思います。

(そもそも長男は朝出るのも早く帰りも遅いので「おかあさんといっしょ」を観ていなかったため、踊りなどは周囲を見ながら適当にやっていました(笑))


何より、お兄さん、お姉さん、NHKのスタッフの方々の子供の扱いが素晴らしいです。

今まで何百、何千(何万?)と言う素人の子供を相手にしてきたノウハウを持っているだけあると思いました。

そのため、発達障害の子でも問題なく出演できる可能性は高いと思います。

 

 

 

ただし他の子に危害を与える可能性があったり、誰がみても集団行動に問題がある様な子の場合、途中で出演を遠慮してほしいと言うお願いをされる可能性もあるとは思います。

申込フォームには子供の性別をはじめ、子供の性格や特性などを記入する欄がありません。そのため偶然に偶然が重なった場合、全員男の子だった、全員女の子だった、と言う可能性もゼロではないのでは・・・と思いました。

 

いずれにしても、おかあさんといっしょのキャラクター(長男の時はムテ吉、ミーニャ、メーコブでした)や、歌のお兄さんお姉さん、体操のお兄さんお姉さん達が出てくるのですから、よっぽどお母さんと離れられないと言う場合を除き、子供たちも自然とその場を離れることは無いのではないかと思います。

 

スタジオに保護者は1名しか一緒に入れませんが、他にも付き添いで来ていた場合は、スタジオパークから撮影の様子を見ることが出来ます。

私もひとりで3歳の長男を連れていくのは少し大変だったので、父に一緒に来てもらいました。

 

この様な情報で参考になるかはわからないですが、発達障害児を育てているお母さんの中に、申し込みを迷っている方がいたら参考になればうれしいです。

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ