本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

「他の子と比べて上手に出来ない」と言う意識の芽生え

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

昨日保育園で「七夕祭り」がおこなわれました。

各クラスで色々なお店(ジュース屋さん、折り紙屋さん、的あてさんなど)を出して楽しんだ様ですが、次男は色々な折り紙をお土産で持って帰って来ていたのに、長男は折り紙のお土産は1個もありませんでした。

 

長男に、

「何で折り紙屋さん行かなかったの?」

と聞いたら、

「長男君は、折り紙上手に作れないと思ったから」

と言うので、何だか切なくなってしまいました。

 

もちろん2歳の次男は自分で折り紙は作れないので、お店の子供や保育士さんが作ってくれたと思われます。

折り紙屋さんは年中クラスのお店だったので、年中さん以上は自分で作るような感じのコーナーになっていたのだと思われます。

 

 

 

長男が自分の苦手部分を認識していると言う点は精神的な成長を感じますが、親としてはちょっとかわいそうだな・・・と思いました。

 

それ以外については長男も夏祭りを楽しんでいた様ですが、段々と長男に、

「他の子は普通に出来るのに何で僕だけ上手く出来ないんだろう・・・」

と言う自覚が出てきていることに気付いた出来事でした。

 

折り紙が苦手なのは自閉スペクトラム症が原因していると思うのですが、そうじゃないとしても、足が遅い子、計算が苦手な子など、色々な子がいると思うので、

「みんなそれぞれ苦手なものはあって、たまたま長男君は折り紙が苦手なだけだよ」

という風に説明してみようと思います。

そのうえで、「折り紙が上手になりたい」と言う気持ちがあれば教えるし、あまり好きではないのであれば無理強いしないようにしたいと思っています。

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ