本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

かなり意外性のあるASD長男の友達

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

長男の保育園のクラスには色々な子がいるのですが、一部、

「絶対に長男とは一生友達にならないタイプだろうな」

と思われるタイプの男の子がいます。

 

別に「悪い子」とかそういう意味ではなく、単純に長男とは肌が合わないだろうな、と言うタイプなのです。

 

その子の特徴を一言でいうならば「超定型発達児」。

時々乱暴なところもありますが、リーダー的存在で言動などが男らしく、周囲の話も良く聞いているし、情も厚い(相手の気持ちが理解できる)タイプ。

発達障害的な要素は全く見当たりません。

 

一方長男は、ASDでマイペース、自分の好きな事ばかりを追い求めているタイプです。

 

大人から見ると仲良くなる要素が全くない2人なのですが、なぜか、年長になってから長男はよくその子と遊んでいる様で、保育園から帰宅後、

「今日は誰と遊んだの?」

と聞くと度々その子の名前が出てくるようになりました。

 

 

 

長男に、

「何で最近○君と遊ぶようになったの?」

と聞いたら、

「○君はクラスのリーダーでカッコイイから」

と言っていました。

 

そんな日々を過ごしていたのですが、先日○君のお母さんから、

「最近うちの子が長男君とよく遊んでいる様で、「長男君は虫博士だからどんな虫でも名前を知っているんだ」と家でも言っているんですよ。これからもよろしくお願いします。」

と声をかけられ、

こちらこそよろしくお願いします。」

とお願いしました。

 

長男は○君の人格に、○君は長男の物知りに、お互い持ってないものに惹かれあって・・・と言うところでしょうか。

 

残念ながら学区的に○君とは同じ小学校にはならないのですが、小学校に入ってからもこんな感じのしっかりした子が長男の事を理解してお友達になってくれると、色々な面で安心だろうなぁ・・・と思いました。

 

おそらく長男は友達作りが苦手なタイプだと思うので、1人でもいいから親友と呼べるような友達が作れるよう、支援して行きたいと思っています。

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ