本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

ツイてない・・・嫌な事が続いた日

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

昨日は嫌な事がいくつか続いた一日でした(涙)。

子どもに関する話ばかりなので、恥ずかしいけれど書こうと思います。

 

まず1つめ。

私が会社の食堂で、いつも一緒にお昼を食べるママ社員さんと

次男のオムツが取れそう」

と言う話をしていたら、隣で食事をしていた全く知らない50代くらいの女性の方から

「食事中にトイレの話はやめて下さい」

と怒られてしまいました。

 

確かに良くなかったかもしれませんが、一応食事の場なので、

「オムツが今3パックも余っていて、たぶん大丈夫だと思うけど使いきれなかったらどうしよう」

とか、

「オムツが取れるまでの過渡期は、むしろオムツの方が楽」

程度の話で、具体的にウ〇チみたいなキーワードは出していなかったんですけどね・・・。

 

もちろん嫌な気持ちにさせた私たちが悪いのですが、大人になってからこんなことで怒られることが滅多に無いので、精神的なダメージが割と大きかったです^^;。


そして2つめ。

保育園に長男をお迎えに行くと、担任の先生から、

「今日長男君、お友達の腕を嚙んでしまいました」

との報告を受けました。

滅多にそう言う報告が無いのでビックリ・・・。

 

どうやら、女の子のお友達になんども指でツンツンされたり、体を寄せてこられて、それが嫌で突然噛んでしまったらしく・・・。

先生からも、

「嫌な時は「嫌だからやめて」と言いましょう」

と注意を受けたそうです。

最初のうちは注意されても、

「どうして僕が怒られないといけないの?」

と言う態度だったらしいのですが、しばらくすると落ち着いて反省した様で、一緒に冷やしてあげたり、その子に「ごめんね」と謝ったりしていたそうです。

 

 

 

長男は今まで全く人を噛んだりしないので、なぜ突然そんな行動に出たのか・・・。

長男には、

「嫌な事があったら、「止めて」と言うか、それでもだめならそこから逃げなさい」

「どんなことがあっても、噛んだり、叩いたり、突き飛ばしたり、痛い事をするのはダメ。特に女の子や年下にするのは卑怯者がすることだよ。」

と伝えました。

 

その女の子は長男の事がお気に入りなのか、いつも近くに寄って来てベタベタしてくるのは確かなのです。

でも長男はその子の事は友達としては好きだけれども、女性として好きではない(笑)。

長男が結婚したいと言う女の子は別の子なんですよね(笑)。

長男に、

「女の子からそんなに密着してもらえるのは今しかないのかも知れないのだから、ありがたく受け止めてあげなさい。」

なんて言っても通じないだろうし・・・。

とにかく今度お迎えの時に、その子とお母さんに会ったら謝らなければと思っています。


そして最後に3つめ。

この前の統一模試の結果が帰ってきましたが、かなり点数が悪く、今回はF判定でした・・・もう本当に最悪です(涙)。

後で詳しく書くかは考え中ですが、得意な図形も丸々回答していない真っ白な部分があったり、

「赤く塗りなさい」

と言う指示に対して青く塗っていたりして、

そもそも試験管の話をちゃんと聞いていたのか?」

と言うところが大きな課題だと思いました。

それぞれの問題について、私が隣について出題していたら絶対に出来るはずの問題ばかりだったので・・・。

 

私が持ち物(文房具)を忘れてしまったのですこし混乱してしまったと言う可能性もあるかも知れません。

 

かなりブルーですが、

「大きな教室で全員に向けた一斉指示をちゃんと聞きとる」

と言うことが長男の大きな課題だと言うことがわかったので、その点はよかったのか・・・と思います。

家での勉強方法も、そろそろ隣にべったりは止めて、少し遠くから指示をする練習をしたいと思いました。


昨日は本当に立て続けに嫌な事が起こり、かなりブルーな一日でした。

たまにはこんな日もありますが、頑張って生きていこうと思います^^;。

そして今日はまた療育の日なので、長男と療育センターに行ってきます!!

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ