本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

発達障害に気づいてもらう「ハートバッジ」が好評らしいのですが・・・

 

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

先日、この様な記事を発見しました。

www.tokyo-np.co.jp


考案したのは桐生市みどり市で障害児を育てる母親の団体「ハートバッジの会」。

会員の実体験からマークは生まれた。

 

代表の有家(ありけ)久美さん(38)=桐生市=の長男(11)は二歳の時に脳症になり、言語や知能に障害が残る。

薬の副作用で髪の毛などが抜けたが、外見だけでは障害があることが判断しづらい。

 

障害の影響で感情の制御が難しく、道端で急に寝転んで泣きだすことも。

なだめてもパニックを起こすため、有家さんは泣きやむのをじっと待つが、居合わせた人から「なんで対応しないの」と責められる。

 

メンバーの桑原由夏さん(37)=同市=も、自閉症の長男(8つ)を伴って障害者用駐車場を使い、利用をとがめられた経験がある。

「外出しない方が良い」と悩む時期もあった有家さんと桑原さん。

 

だが、「気付いてもらうマークがあれば」と同じ境遇の母親たちと協力し、昨年三月にマークを完成させるとともに同会を発足させた。

有家さんの長男が描いたハート形に、知人で同市在住のイラストレーターが笑顔に見えるデザインを施した。

バッジは業者に発注せず、専用の機械で作る。キーホルダーなどもある。

 

 

 


障害児やその家族向けが300円、周囲で障害に理解を示して応援する人向けは200円だそうですが、障害児やその家族だとしても

「当事者じゃないけれど応援したいので買いたいです」

と言えば200円で買えてしまう気がするけど大丈夫なの・・・と言う点について、余計なお世話かも知れませんが心配になりました(笑)。

(2017/06/02赤文字補記)
→当事者と応援する人とでデザインが違う様なので、当事者向けが欲しければ300円のバッジを買う必要があるので私の勘違いでした、申し訳ありません。

 

少し高いですが、缶バッジマシーン購入費が回収出来たらもう少し安くなるのかもしれませんね。

 

ただこういうシンボルマークって、周囲がその意味を知らないと

「ピンクやハートが好きな人なのかな」

で終わってしまって全く意味がないのですよね。

「好評」とありますが、私は全く知りませんでした。

 

妊婦さんのマークも普及するのに結構時間がかかったと思うし、未だに知らない人もいるんじゃないのかなと思います。

(私の夫は私が妊娠して着用するまで知りませんでした(笑))

 

一応このブログを書く事で、多少は普及に貢献出来たかな・・・?と思います^^;。

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ