本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

「今年度の初回療育に関するご案内」が届きました

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

昨日、療育センターから、

「初回来所日についてのご案内」

と言うお手紙が届きました。

 

お手紙には持ち物として、

・受給者証

・印鑑

・上履き

と記載があったのですが・・・。

 

「・・・上履き?!」

 

子供だけのことなのか、親子とも必要なのかがわからなかったので問い合わせてみたところ、親はスリッパがあるので子供だけで良いとのこと。

今までの療育では上履きなんて持っていた事が無かったのですが、何か方針が変わったのでしょうか??

それとも元々、小学校入学準備として、年長さんからは上履きを履いて療育するのかもしれません。

 

 

 

印鑑については、きっと年度はじめなので色々な契約書類などを提示され、サインや押印を沢山することになるのだろうと思われます(半年に一度くらいこういう作業があります)。

 

今回は担当の方も変わってしまうので、どんな方になるのか不安もありますが、とりあえずは体調不良なく来月の初回療育に行けるようにしたいです。

 

今年度は幸い療育が「土曜日」に決まったのですが、丁度療育の時間と次男の習い事の時間がバッティングしているため、夫が毎回同行することは難しい・・・。

ただ、月に1回くらい習い事がお休みの週があるので、療育の日と重なった場合は、次男は父にお願いして、出来るだけ夫も療育に同行してもらおうと思っています。

 

今までの1年半くらいの間、夫が療育に参加したのは2回くらいしかないので、きっとそれよりは参加頻度があがる気がしています。

 

夫は性格的に、嫌な事があった場合、立ち向かわずに目を背けてしまう傾向があるのですが、夫にとって「自分の子供が発達障害だった」という事実は非常に嫌な事になります。

そのため発達障害に関することについて逃げ腰になり、学ばないために適切な対処が出来ず、結果的に長男の応対がさらに難しくなる・・・という悪循環に見える時があるため、長男のためにももう少し発達障害について興味を持ってもらえたらうれしいと思っています。

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ