本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

なぜ?!驚きの夫のインフルエンザ検査結果

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

日曜日頃より風邪のような症状を訴えている夫ですが、昨日出社前、病院に寄って診てもらったところ、

「インフルエンザB」

との診断結果でした。

えっ?!なぜ?!と言う事は・・・。

 

先週~今日にかけての状況をまとめてみたいと思います。

3/13(月)

朝より次男発熱(38℃)、下痢気味。

午前中はグッタリしていたが、午前中~お昼過ぎにかけて睡眠をとったところ、期限も良く元気になった。

夕方病院で溶連菌、インフルエンザともに陰性。

機嫌も良いため、先生の所感として「インフルエンザには見えない」との事。

16時頃より長男発熱(37.7℃)。

病院に行ったが発熱したばかりのためインフル検査せず。

 

3/14(火)

長男、次男とも、37度前後まで熱は下がっていたが、念のため保育園は終日お休み。

 

3/15(水)~3/16(木)

長男、次男とも元気に登園

 

3/17(金)

朝より長男発熱(38.5℃)

見るからに元気が無い。

病院に行ったものの

「今検査するには早すぎる」

と言われインフルエンザの検査出来ず。

夜遅くに熱が40℃まで上がる。

 

 

 

3/18(土)

昨日よりは楽そうに見えるが、熱は38℃前後。

午前中長男を病院に連れて行き、インフルエンザの検査をしたが陰性。

 

3/19(日)

長男の熱は36度台に下がり回復。

夜くらいから夫が風邪症状を訴え始める。

夫の熱は37℃前後の微熱。

 

3/20(月・祝)

夫は37℃前後の微熱が続くが生活は何とか出来る程度。

仕事も出勤していた。

 

3/21(火)

夫が出勤前に病院に寄ったところ、「インフルエンザB」との診断を受ける。

 

推測になりますが、3/13(月)の時点で次男はインフルエンザBを発症していた場合、以下の流れなのかなと思われます。

3/13(月)

次男発症

3/14~15(火~水)

次男のインフルエンザが長男に感染

3/17(金)

長男発症

長男のインフルエンザが夫に感染

3/19(日)

夫発症

 

今回調べてはじめて知ったのですが、インフルエンザの検査は実際インフルエンザにかかっていても20~30%くらいの確率で陽性が出ない場合(偽陰性)があるようですね。

夫は病院から「電車でもうつる可能性があるので」と言われたそうですが、子供の様子からしてもインフルだった可能性が高いです。

「陰性でも要注意」と言う事が今回わかりました。

次回の冬は気をつけたいと思います。

◆ トラコミュ 笑顔になれる子育て

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ