読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

療育15回目(その2)~卒園式・演劇発表会の様子

療育

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

担当者の方から、

「そういえば演劇発表会を予定しているとのことでしたが、長男君、どうでしたか? 」

と質問を受けたため、先日の記事に書いたとおり、演劇発表会はそれなりに問題なくできていたことを伝え、ただし、その前に参加した卒園式の様子を見て来年少し不安になった事をお話ししました。

 

卒園式の長男の座席も先生と柱の間の席で、長男がソワソワするたびに先生が話しかけたりしてフォローしてくれていたことも説明。

担当の方から、

「卒園式は座っていなければならない時間が長いのですか?」

と聞かれ、園長先生のお話や、お客さん(過去に園にいた先生や、児童館の人)からもお祝いの言葉があり、それぞれは短めではあったものの、合計すると割と退屈な時間が続いていたことを説明しました。

 

 

 

担当の方も、おそらく安易に

「あと一年あるのできっと大丈夫ですよ」

とも言えないので(笑)、

「これから1年間頑張って行きましょう」

と言う感じで終わったと思います。

 

演劇発表会で演じていた役について、

「長男君は役になりきっている感じでしたか?」

と聞かれたのですが、なりきっていたのか、それともただ決められたセリフを発言しただけなのかが正直なところ良くわからず、その様に回答しました。

 

確かに言われてみれば、長男は「演じる」という意味が分かってないかも知れません。

今度、弟と3人で「演劇ごっこ」でもしようかなと思いました。

 

最近困っている「兄弟げんか」についても相談したので、明日また書こうと思います。

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ