読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

Tレグ細胞とは?!長男のアレルギーを何とかしたい

テレビ・ニュース・書籍 子育て

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

今年の目標で改善したいと書きましたが、長男はアトピーだけでなくアレルギー性の鼻炎も持っていいます。

長男は保育園児のためしょっちゅう風邪を引いて鼻水を垂らしていたので、スギ花粉の時期以外、アレルギーに気付かなかったのですが、ようやく最近、長男の体が徐々に丈夫になり風邪を引かない期間が出てくるにつれて、長男が風邪を引いていなくてもくしゃみ・鼻水が治らないと言うことに気付きはじめました。

一年中アレルギーの薬は飲んでいるのですが、くしゃみと鼻水は完治せず・・・。

 

以前アレルギー科で検査したところ、いくつかの花粉とハウスダストのアレルギーを持っていたので、年間通して鼻水が治らないと言うことはハウスダストが大きな原因なのかなと思います。

 

ただ当時は卵アレルギーが一番深刻で、それ以外のアレルギーは二の次でよく覚えていないため、もう一度アレルギー科で相談して、長男が少しでも快適に過ごせるような方法を模索したいです。

小学校にあがってから、授業中しょっちゅうくしゃみや鼻水を出しているのは問題だと思うので・・・。

 

 

 

12月にテレビで「Tレグ細胞」と言う細胞を増やすことでアレルギーに強い体質になると放送されていました。

朝日放送|みんなの家庭の医学|過去の放送内容

 

Tレグ細胞を増やす唯一の方法は、アレルギー症状が出ない範囲の少量のアレルゲンを体内に入れることらしく、3年~5年、舌下免疫療法を続けるというものでした。

 

また、アーミッシュはTレグ細胞を沢山持ちアレルギーの子供が少ないらしいのですが、その理由として、幼少期に家のお手伝いで家畜などに接して色々な物質を体内に取り入れ、それに対するTレグ細胞を得られるためと言うことでした。

アーミッシュとは、アメリカの宗教集団で、電気もテレビもなく、昔と同じ様な自給自足の生活をしている方たちの事です。

アーミッシュ - Wikipedia

 

長男も次男もまだ小さいので「家畜に触れる」ついては間に合うと思いましたが、当然ながら家の近くには家畜がいません(笑)。

もちろん病院には連れていく予定ですが、一度「こどもの国」にでも連れて行ってみようかなと思いました。時々連れて行くだけじゃ全然効かないかもしれないですが、出来るだけ牛や馬に触る様に誘導したいです(笑)。

www.kodomonokuni.org

◆ トラコミュ 笑顔になれる子育て

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ