読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

5歳なのに保育園に預ける時毎回さみしがる長男

保育園・学校 長男の日々の様子 長男の日々の様子-5歳

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

長男はもう5歳にもなるのに、保育園に預ける際ほぼ毎日、

「ママ行かないで~。ギューしてよ~」

と言うように私に甘え、なかなか長男とお別れすることが出来ません。

 

さすがに泣くという程では無いのですが、3歳クラス以上の子でそういう子はほとんど見ることがありません。

たとえグズる様なことがあっても、出かける前に親に怒られたりなど、明確な理由がある場合のみです。


長男は逆に、普通の子が保育園に預ける時に泣く時期(0歳~2歳くらい)に全然泣くことがありませんでした。


親としては気楽でしたが、この様に分離不安が全くない子供は広汎性発達障害自閉症スペクトラム)などの疑いがあるのだそうで、長男はまさに該当していたという事になります。

 

 

 

その様にして、長男は分離不安があまりないまま3~4歳ごろまで来ていました。

ひとりで勝手に興味のあるところに行ってしまったり(これはこれで非常に困るのですが)、ひとりで私の実家に泊まる事も小さい頃から全然大丈夫でした。


なので、本来であれば0~2歳ごろに芽生えるべき親との分離不安が今になってようやく芽生え始めて来たのではないか・・・。

その様に感じたのです。


長男がいつ頃から保育園で預けるときに甘えるようになったのか記憶がありません。

少なくとも1年以上は続いています。

もしこれが0~2歳ごろに起こるべき分離不安が遅れて来たのだとしたら、3年くらいは続くのだろうと思いますが、さすがにいつかは

「恥ずかしい」

と言う気持ちも出てきて収まるだろうと思っているので、もう少しこのまま付き合っていくしかないと思っています。

 

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ