本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

イヤイヤ期の自己主張で言葉が上達?

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

ここ数日、次男(1歳11ヶ月)のイヤイヤがピークを迎え、グッタリ憂鬱の毎日です。

「ピーク」と書きましたが、今後さらにひどくなる可能性もあり、今がピークなのかどうかも不明なのが怖い・・・。


しかも、要求の対象が常に私(ママ)なんです(涙)。

私が食事作りなどをしている時に次男が

「抱っこして!!」

と言うので、代わりに夫やおじいちゃんが抱こうとしても、

「ママがいいの!!」

と拒絶・・・。

 

私がお風呂に入っていても、

「ママ来て!!」

「ママがいいの!!」

と泣き叫ぶ声が聞こえてくるし・・・。

常時暇ならいいのですが、大抵そうでもないので本当に困ってしまいます。

 

しかも抱っこ要求の際、9割以上の確率で、抱っこひも(エルゴベビー)を使わずに抱っこしろと要求します。

 

ここまで強い相手への要求、アスペルガー長男の2歳ごろにはありませんでした。

どちらかというと、勝手にどこかに行ってしまう様な

「ぼんやりした自分勝手系イヤイヤ期」

でした。

 

 

 


ですが、この「相手に要求する系イヤイヤ期」の自己主張のおかげで次男の言葉が達者になりつつあるのです。

最近は、

「ママと下(1階)行くの!」

「パソコンでお馬さん見るの!」

など、3語文もかなり出てくるようになりました。

ちなみに次男は馬が好きで、馬の動画(youtube)やテレビの競馬中継を観るのが好きなんです^^;。
(将来競馬好きな男になるのか・・・(汗))

 

あとは、アスペルガー症候群の長男にハッキリとしたイヤイヤ期が無かったり、

「絶対ママじゃないとダメ」

と言うのも無かったため(積極奇異だから?)、

「自分の意見を持つのは良い事だ」

「ママ以外ダメ=人の識別が出来ているってことだ」

「今が大変なほど、後で楽になるはず」

と、次男の壮絶なイヤイヤ期も、プラスに受け止めることが出来ます。

 

でも心身ともに辛い事には変わりないのですが・・・。

 

朝も、左手で12キロの次男を抱っこして右手で化粧したりとか・・・。

左手に筋肉がつくだけならいいですが、肩や関節が壊れるのではないかと心配。

エルゴベビーみたいなガッチリしたものでは無くて、紐だけの簡単な抱っこひもなら許してくれるのだろうか・・・。

これがあと何ヶ月続くのでしょう・・・考えただけで憂鬱です。

 

後々、今日のブログ記事を見て

「こんな事もあったねぇ・・・、大変だったけど可愛かったよね」

なんて思える日が早く来てほしいものです。

◆ トラコミュ 笑顔になれる子育て

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ