読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

『こんなにも優しい、世界の終わりかた』

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

少し前に、自閉症スペクトラムである事を公表している作家の「市川拓司」先生を紹介しました。

yumirizu.hatenablog.com

 

その後、

『こんなにも優しい、世界の終わりかた』

と言う本を図書館で借りて読んでみました。

 

主人公や、親友などの登場人物の性格や行動等は、先生自身を投影しているのか(?)、自閉症スペクトラムの傾向があると感じました。

 

具体的には、ちょっと変わり者だけど、勘が鋭く純粋で、1つの事にのめり込む性格、社交性は全くない奥手な男性と、そんな主人公を理解してくれる女性との恋愛物語です。

 

 

 

この小説を読んでいると、

「変わり者だとしても、そんな自分自身を認めて人生を楽しむことの大切さ」

みたいなものを感じ、長男もこんな風に生きていけたら・・・と思いました。

 

後半は少し泣きそうになりました。

特に、マコト君という4歳の男の子の話が、どうしても長男と重なってしまって・・・。

電車の中で読んでいたので少しヤバかったです^^;。

 

また主人公に対する、主人公のお父さんの接し方もとても素敵なのです。

主人公の要領の悪さについて、

「お前のお陰でとくする人がいっぱいいるんだ、それは素晴らしいことなんだよ」

と、褒めてくれるのです。

子供の将来を考えると、やはり要領よく世の中を渡って欲しいと思うのも親心なのですが、こういう考え方も愛情なのだ、と言う事を知ることが出来ました。 

 

今日また図書館に行く予定なので、「市川拓司」先生の別の小説を借りてみたいと思います。

どの様な方も楽しめる小説だと思いますが、自閉症スペクトラムの方を友人やご家族に持つ方は、特におススメかもしれません。

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ