本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

幼児の三語文はいつから?長男と次男の違い

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

少し前に、次男が2語文を話し始めたことを記事にしましたが、

yumirizu.hatenablog.com

 

昨日次男がメロンを食べている時、

「もっとイチゴちょうだい」

と、いよいよ3語文が出始めました。

(本当はメロンなのでイチゴは間違い。そして「まぐれ」と言う可能性もありますが^^;)

 

次男は1歳9ヶ月。

 

 

 

一応目安としては、

1歳・・・単語が話せる

2歳・・・2語文が話せる

3歳・・・3語文が話せる

と言う指標があるようですが、早い子は1歳半くらいから3語文を話す子もいるらしく、次男は確かに早めですが天才でもないと言うレベルの様です。

 

ただ2歳でやっと2語文を話し始めた長男と比べると確かに早い・・・。


言葉が早いと「何を考えているのか」「どうして欲しいのか」を小さいうちから言葉で表現してもらえるので、その点については子育てが楽だなと感じています。


言葉の発達について「親の語りかけが重要」と言われますが、兄弟をほとんど同じような環境で育ててみて言えることとしては、生まれ持った素質が大きな要因を占めているだろうなと思います。

 

なので、自分の子供の言葉の発達が遅い事を気にしているお母さんに対して、

「話しかけが足りないんじゃないの?」

「テレビばっかり見せてるんじゃないの?」

などのアドバイスは傷つける可能性が高く、絶対にやめた方がよいです。

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ