読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

幼児教室 親子同室が最後の日

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

この前の土曜日は、長男の幼児教室で親子同室が最後の日でした。

来月から長男はひとりで教室に入り、先生と他の生徒たちとレッスンを行うことになります。

長男は生後7ヶ月くらいから幼児教室に通っているので、こうやって少しずつ親から離れていくのね・・・と、少し感慨深いものがあります^^;。

 

最後のため、夫も次男を連れてレッスンを見に来ました。

次男は長男の教室に部屋に入れないので、時々夫と交代して長男のレッスンにつき添いました。

私は毎週付き添っているので、成長をあまり感じる事が出来ないのですが、夫は久々に長男のレッスンの様子を見て、

「以前と比べてすごい成長していた」

と言っていたので安心しました。

 

 

 


今回、来月から一緒のクラスになると言う男の子が参加していたのですが、ちょっと変わった子で、

「もしかして発達障害?」

と、気になっています。

異様に鉄道関係に詳しく、言動も落ち着きが無く、空気を読まずに自分の好きなことを勝手に発言することが多いという印象で、長男よりも騒がしいです。

 

長男がレッスン中その子の言動に結構影響されるのが少し気になりますが、長男は

「面白い男の子がやってきた!」

と認識している様で早速仲良くじゃれあっているので、毎週楽しく過ごしてもらえたらと思います。

 

その子の言動をもう少し確かめたいところですが、来月から親子同室ではなくなるので、その子が長男と同じ様な特徴を持っているのかどうかを確認出来ないのが残念です。

 

来月からは長男のレッスン中、40分くらいだけですが、図書館に行ったり、お茶を飲んだりと、のんびり過ごせるので楽しみです♪

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ