読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

「ひとりで勝手に走って行ってしまう」行動を直すには?

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

長男は時々、早く目的地に行きたい時やうれしい時など、ひとりで勝手にパーッと遠くまで走ってしまう事があります。

 

先日も、長男とアイスクリームやさんに行こうとした時うれしかったのか、ひとりでアイスクリームやさんまで走って行ってしまったので、

「ひとりで遠くまで走ったらママ追い付けないから危ないでしょう?今日はもうアイスクリーム買いません。」

と言ったところ大泣きしてしまい、厳重注意をして反省したところで、最終的にはアイスクリームを食べたという一件がありました。

 

長男が「興味があるとそれに向かって突っ走る」理由としては、アスペルガー症候群が大きな原因だとは思うのですが、保育園で長男と同じクラスの子どもたちでも特に男の子はそういう傾向があり、お母さんの悩みの種になっている様です。

 

 

 

確かに保育園のお迎えの時も、他の子が走って行ってしまうのを良く見かけますし、クラスのお母さんからも保育園の先生にどうしたらいいのかと相談が来ている様です。

 

そのため長男のクラスの先生が、絵本の物語を題材にして、

・外にいる時はお母さんと離れてはいけないこと

・外を歩くときはお母さんと必ず手をつなぐこと

等を子供たちに約束させたのだそうです。

 

その話を聞いた時、私は先生にアイスクリームやさんの件を話したのですが、次の日に先生が長男に、

「アイスクリームやさんに行くことになっても、勝手に走っちゃだめだよね?」

と言ったら長男が突然、

「うんうん、もう走らないよぉぉ~~~」

と、おそらく私に怒られた事を思いだしてしまったのか号泣してしまい先生も驚いてしまったそうです^^;。

 

私に注意された記憶がフラッシュバック?して、まるで今さっき私に怒られた様に感じてしまったのでしょうか・・・。

 

とにかく長男は足も早くひとりで勝手に走って行ってしまうと追い付けないため本当に危険なのです。

おそらく本人は車などには気をつけているだろうとは思うのですが、まだ100%は信用できない状況・・・。

 

保育園の先生と協力して、私と一緒にいる時は出来るだけ近くにいる様になってもらいたいものです。

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ