本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

非常事態発生時のパニックを改善したい

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

昨日保育園にお迎えに行ったとき、担任の先生から、
「先日近くのビルで火災警報が鳴った時の事、長男君からお話聞いていますか?」
と聞かれました。

私は全く聞いていなかったためそのように答えると、先生から以下の報告を受けました。

 

--------------------
お昼寝明け頃に近くのビルで火災警報が鳴ったため、各自上着を着て、お昼寝をしていた大部屋でみんなでおやつを食べる事になった。(通常、お昼寝明けはクラスに戻りおやつを食べ始める。)

 

その時点で「いつもと違う」と不安になっていたところに、たまたま、床におやつのおにぎりが落ちており(笑)、それを長男が踏んでしまった。

 

そこで長男が慌ててしまい、踏めば踏むほどおにぎりがグチャグチャになるので(笑)、先生が
「大丈夫だから」
と落ち着くように説明し、何とか上履きをきれいにしておやつを食べることが出来た。

 

その後、火災警報の件は誤報だったことがわかったため各クラスに戻り、先生が
「まず上着を脱ぎます。それから、帰りの支度をしましょう。」
とクラスのみんなに説明したが、長男は上着を脱がずに帰りの支度を始めてしまった。

 

先生が長男に、
「長男くん、1番にまず何をするんだっけ?」
と聞いたところ、
「はっっ!!そうだ、上着を脱ぐんだった!」
と、また慌ててしまい、上着のファスナーを下さずに上着を脱ごうとしてしまい、
「脱げない!!脱げないよ~!!」
と顔を真っ赤にして無理やり上着を脱ごうとするので、先生が
「慌てないで大丈夫だから、ファスナーを下して脱ごうね」
と説明し、ようやく上着を脱ぐことが出来た。
--------------------

 

話を聞いて、いつもと違う状況でパニックになったりするところが
「やっぱり長男は自閉症スペクトラムなんだな」
と改めて実感してしまいました。

 

 

 

それにしても、先生の明るい話し方もあり、本人にとってはすごく大変な事だったとおもうのですが、悪いと思いつつ笑わずにはいられませんでした^^;。

特に、
「踏めば踏むほどおにぎりが・・・」
とか、
「「脱げない!!脱げないよ~!!」と顔を真っ赤にして・・・」
の辺りが特に可笑しくて・・・長男よごめん(/ω\) 。


同じクラスの他の子はどうだったかを聞いてみたのですが、他の子たちは心配そうにしていたもののそれなりに行動出来ていたそうで、長男がパニック状態になっているのをみて、
「どうしちゃったんだろう・・・」
と驚いている子も多かった様です^^;。

 

夫も私の話を聞いて笑っていましたが、夫は
「「おにぎりを踏んでしまった」と言う失敗で頭がいっぱいになって、それが後を引いて上の空になってしまったのではないか。」
と言っていました。

そうかもしれないけど、そもそも落ちているおにぎりに気づけなかったのも、慌てていたからなのかも知れません。


経験を積めば多少は良くなるのだと思いますが、今後、たとえば大地震等が来た時に、冷静に行動すれば助かるところをパニック状態になって助からなかった、なんてことになったら本当にどうしよう・・・と思います。

 

そこまで行かなくても学生になってから試験の時に、想定外のぜんぜん解けない問題があった場合、そこでパニックになってしまい、本当は解ける他の問題まで解けなくなってしまうみたいなこともあるかも知れません。

 

とにかく長男には、
「人生において、命さえあれば大概の失敗は何とかなるものである。」
と言う事を説明して行くしかないのかなと思います。


今回の件を長男に聞いてみましたが、
「消防士さんが2人来たんだよ」
と言うだけで、失敗の話はあまり触れたくなさそうでした。

 

それにしても保育園って、ただ遊んで食べて寝ているだけと思っていたけれど、長男的には色々と大変な思いもしているんだなぁ・・・と思いました。

◆ トラコミュ それぞれの*発達障害と共に*

 

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ