読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

ADHDとアスペルガー「空気が読めない」原因の違い

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

 

本日はこのブログに時々登場する、ADHDの疑いが濃厚な同じ職場の先輩Aさんに関するお話を書きます。

yumirizu.hatenablog.com

 

職場には同じ会社の仲間として、私以外に以下3人のメンバーがいます。
Aさん
Bさん
C君(新人後輩)

 

Bさんは定年退職してもおかしくない年齢なのですが、Aさんの事が気がかりで、引退したくても出来ない状況で、私がAさんとのやり取りでコミュニケーションが難しくなると、Bさんに間に入ってもらったり等、本当に色々助けてもらっています。

 

先日、客先での打ち合わせ前にBさんと2人きりでお話しする機会があったのですが、Bさんから
「自分が引退して居なくなってもAさんとやっていけそう?」
という事を聞かれました。

 

 

 

以前の私だったら、
「やっていけそうにありません!!」
と即答していたかもしれませんが(笑)、AさんがADHDだと気づいてからは多少は暖かい目で見てあげられるようになったので、
「子供の事をきっかけにAさんがADHDかも知れないと気づいてから、何とかやっていけそうな気がしています・・・」
という回答をしました。

 
その時にBさんが、
「時々Aさんと2人きりになると色々な愚痴を言ってくるんだよ。例えば「自分は一生懸命頑張っているのにみんながバカにする」とか…。相手するの大変なんだよね。」
と言うので、
「えっ?!私たちがAさんの事を色々不満に思っていたのがバレていたという事?!」
と、すごい焦ってしまいました・・・^^;。


ADHDアスペルガーも「空気が読めない」と言われますが、調べてみたところ根底が全く違う様なのです。

個人差はあるものの、ADHDは衝動的に何かを思いついてしまったり等の理由から、突然その時の話題とは全然関係のない発言をしてしまう空気の読めなさに対し、アスペルガー症候群は本当にその場の空気が読めていない、という傾向があるようなのです。

 

ADHDの方は実は空気が読めているので、注意しないと恨まれてしまう可能性があるかも知れません。

腹が立つことも多いけれど、これからはもう少しAさんに優しくしておこう・・・一応先輩だし・・・と思ったのでした(笑)。

 

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ