本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

長男の反撃!とうとう次男に噛みついてしまいました

ご訪問ありがとうございます。

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

--------------------

 

1歳の次男は最近段々と凶暴化してきて(笑)、長男を叩いたり、せっかく作った長男のプラレールを破壊したり等、長男を困らせることが多いです。

 

その様なことがあった時は、次男に
「お兄ちゃんを叩いちゃダメだよ」
と注意しつつ、長男には
「まだ赤ちゃんでよくわからないから、もう少し我慢しようね」
と説明しています。

 

そして昨日、長男が次男に叩かれたとき、次男の手の甲に噛みついて泣かせてしまいました。

次男の手には長男の歯形が・・・。

 

 

 

噛みついた事については、
「そんな事するなんてママ悲しい・・・」
とか
「もうサンタさん来ないかもしれないよ?」
とか、
「たった二人の兄弟なんだから仲良くしよう」
等と注意したところ長男を泣かせてしまいました。
(今の時期はサンタさんを出すとすごい効果的です(笑)。)

 

でも後で私も自分の手を軽く噛んで確認してみたところ、割と軽く噛んだだけでも歯形がつくのですよね。

なので長男は本当に甘噛み程度にしか噛んでいなかったのかも・・・。

と思いましたが、次男が泣いていたのも事実なので注意しなければならない事だったと思います。


長男はアスペルガー症候群で生まれつき人とのコミュニケーションが上手くないという特徴を持ち合わせているので、これから次男が段々と大きくなってきて、家に常に近い年齢の子供がいて毎日接すると言うことは、長男にとってはとても良い訓練になるのかな?と思っています。

家でも兄弟のやり取りを通して多少でも療育が出来ればと思います。

 

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ