本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

耳の掃除機はなんとか使わずに済みました・・・

ブログ更新のモチベーションUPのため応援クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

--------------------

 

昨日朝イチで、長男と次男を耳鼻科の再診で連れていきました。
前回の診察の様子は以下の記事です。

yumirizu.hatenablog.com


最近「耳だれ」もないので治っていると思ったのですが、出かける前に耳をチェックすると、前日寝る前にさした点耳薬のせいで少し耳の中が濡れていました。

 

先生からは、
「しばらく綿棒で耳を掃除しないでください」
と言われていたのですが、また耳鼻科で耳の掃除機を使うことになると長男が辛いと思い、出かける前に綿棒で耳の中の水分とか汚れを掃除してから出かけました。

 

耳鼻科で診てもらったところ、長男の中耳炎は改善しているという事で耳の掃除機(本当は何て言うんだろう?耳吸い器かな?)も使わずに済んで良かったです。

 

次男の軽い中耳炎も完治。先生が
「次男君は全然中耳炎にならないし、なってもすぐ治るのにねぇ・・・」
とつぶやいていました^^;。

 

 

 

次男は体質もあるかも知れませんが、長男の失敗があるので親がこまめに次男の鼻を吸っているからだと思います。

長男が赤ちゃんの頃、鼻を吸うとすごく嫌がるので「可愛そう」という気持ちがあって鼻吸いが中途半端だったと思います。

結果的に中耳炎で長い間薬を飲んだり、チューブの施術をしたりしなければならず、余計に可愛そうな状況に追い込んでしまいました。

 

次男も鼻を吸う時は、近所から虐待と思われかねない声で叫ぶのですが(笑)、夫と2人がかりで押さえつけて徹底的に鼻を吸っています。

最初のうちは「心を鬼にして・・・」などと思っていましたが、今はもう慣れてしまい正直何とも思いません。次男も最中はすごい叫んでいるのに、終わるとケロッとしています(笑)。

長男の時もそうしていたら、中耳炎で色々大変な思いをしないで済んだかもしれないのに・・・と、後悔&反省です。

 

とにかくこれからは、また「耳だれ」にならないように、鼻の奥に鼻水をためない様にするためせっせと鼻をかませるしかない、と思っています。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ