読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

告知について考える

カミングアウトや告知のこと

長男がアスペルガー症候群であることについて、今後「本人への告知」についても考えなければなりませんが、当分は告知しない予定です。


ただし、全く適さない仕事についてしまい、社会に迷惑をかけたり、本人が思い悩んでうつ病などになると困るため、高校生~大学生くらいまでには本人に伝えたいと考えています。

 

でも秋から療育に通うので、その時点でバレてしまうかもしれませんが・・・。
習い事だと言っておけば大丈夫なのかな??

 

私の友人は、目にちょっとした遺伝病を持っているのですが、小学生のころ先生から伝えられた際に、
「自分の将来の幅が狭まったな~」
と子供心に結構ショックだったそうで、理系は無理かな・・・等と考えたそうです。

なので、あまりにも早く伝えて長男の能力にリミットが掛かるのは避けたいと思っています。

「出来る」と思っていれば普通に出来る事なのに、自分に制限をかけてしまい本当にできなくなってしまう場合があるためです。

 

なので、希望としては高校生~大学生くらいに、
「職業の選択肢を絞り込むための参考情報」
として、プラスの意味で告知出来ればと思っています。

 

私がもしも大学生の就職活動前に、自分がどんな仕事に向いているのか、向いていないのかを、占いなどではなく明確な根拠をもとに教えてもらえていたらすごく助かっただろうな・・・と思うのですが、そのように前向きに受け止めてもらえるようにするには話し方を気をつけなければと思います・・・だいぶ先の事なんですが(笑)。

 

でもその前に人間関係や学習面で問題が出て、本人に話さざるを得ない場面も出てきてしまうかもしれませんけれどね・・・。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ