読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

ほぼ間違いなくADHD(ADD)だと思われる、同じ職場のAさんの話

大人の発達障害

私の職場に、Aさんという非常に扱いに困る先輩(50代男性・既婚)がいます。

一緒に仕事をするようになってから約4年ですが、以下の様な特徴を持ち合わせています。

・作業が遅い、もしくは忘れてしまい、期日になっても約束した仕事が終わっていない
・仕事の優先順位付けが出来ない
・スケジュールを立てることが出来ない
・作業にミスが多く、顧客への請求を結構な額で間違えた経験あり
複数のタスクを並行して進めることができない
・トラブルがあるとテンパってしまい場合によっては攻撃的になる
・問題に気付いていてもそのまま何ヶ月も片付けない
・相手の状況を考えず、自分の言いたいことを一方的に話す

 

彼と一緒に仕事をしていてまず思った事は、
「こんな感じで私より給料が高いと思うと本当に腹立たしい(怒)」
という事でした。

本当によく今日までリストラの対象にならなかったな・・・と思います。
「運が良い」としか言いようがありません。

 

Aさんと一緒に仕事をしていると、問題が後を絶たず常にフォローが必要なので、周囲のみんなは不満が爆発します。
「近くの席に座りたくない」という人までいます。

 

そのようなAさんと一緒に仕事をするようになってから4年、長男が「アスペルガー症候群」であることがわかり発達障害について勉強していくうちに、
「Aさんって・・・ADHD(ADD)なんじゃないの?」
と言うことに気付いたのです。

大人なので多動はみられないため、ADHDなのかADDなのかは、小さい頃どのような子供だったのかを確認しなければわかりません(機会があったら上手く聞いてみたいと思います)。

 

そしてAさんが良く自分の娘さんについて、
「時間の使い方とかが悪くてカミさんに毎日怒られて泣いている」
と言う様な話をよくしていたことも、確信につながりました。
きっと娘さんにも遺伝しちゃったんだろうな・・・という感じで。

さらには以前仕事で失敗したことで、うつ病にもなったことがあると聞いており、それはいわゆる二次障害なんだろうなと思いました。

 

私はそれまでAさんについて、
「とにかく一緒に仕事したくない、どこか遠いところに行ってくれればいいのに」
「何でもっと頑張ろうとしないの?フォローしてもらえるからって甘えないで!」
と常にトゲトゲしい気持ちで応対していたのですが、発達障害なのではないかと気付いたとき、何というかようやく、
「もしかしたらAさんの事を許せるかも・・・」
と思ったのです。

 

実際、少しだけ優しく接することが出来るようになり、
「家でも職場でも、発達障害の人を相手にして人間性を高めなさいって言うことなのかな・・・」
と、悟りを開きつつあります(笑)。

 

その後、AさんがADHDかも知れないという話を上司にしたのですが、上司も発達障害については全く未知の領域だったので、
「とりあえずADHD(ADD)について調べてみてください」
とお願いしました。

 

それにしても、大学を出て社会人として働き家庭も持っている人について、
発達障害かもしれない」
という話をするのはかなり抵抗を感じました。
理由は「発達障害」の中にある「障害」と言う単語のせいです。

「障害」って言うと普通どうしても身体障害者を連想してしまうため、Aさんのように企業の一社員として何とか働いている人に対して使う言葉としては違和感を感じます。


そしてその後、上司から
「自分も調べてみたけどものすごい該当するね・・・きっとそうなんだろうね・・・」
と言われました。
だからと言って現状は変わらないのですが(笑)。

私がAさんの親せきとか親友だったら、娘さんのためにもお医者さんに診断してもらう事を勧めるけれど、私とAさんはそこまで仲良くもないので、Aさんに「ADHDなのでは?」と言う様な事を伝えることが出来ません。そもそもそんな事を言ったら超失礼だし・・・言えないです。

 

私は、出来れば長男が定型発達で生まれてきてほしかったと言う思いは当然ありますが、長男がアスペルガー症候群だったおかげで色んなことを知ったり、気づけるようになって良かったなと思います。

長男が発達障害じゃなかったら、私はAさんが定年退職するまで毎日イライラしていたかもしれません(今も全くイライラしていない訳ではないんだけど・・・(笑))。

 

Aさんの話は色々あるのですが、今日は長くなってしまったのでこの辺りで終わりにします。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ