読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

中耳炎チューブ手術後の診察

今日は先月に耳の施術をした病院へ経過観察に行きました。

先月の中耳炎の施術の記事はこちら・・・ものすごく大変でした><。

yumirizu.hatenablog.com

 

出かけるとき長男に、
「今日はお耳を診るだけで何もしないからね」
と伝えていたのですが、長男は診察室に入るとすぐ先生に、
「手術する?」
と確認し、
「しないよ(笑)」
と言われても、耳を診てもらう時に怖がって肩をすくめていました。
(やっぱり覚えていたんだ・・・)

 

現在長男は風邪気味で鼻水が出たりしているのですが、中耳炎にはなっていないとのこと。

長男は風邪を引いていなくても中耳炎が完治しなかったため、早速チューブの効果が出ているようです。良かった!!!

 

そして、
「チューブをいつ外すのか?」
という質問をしたのですが、
「1年くらいつけっぱなしにしてると大体自然に取れるので、それで終わりでいいかなと思いますが、中には自然に取れない子もいるので、その場合は取り出します。」
と言うので、長男がアスペルガーのため出来れば全身麻酔でお願いしたいと伝えたところ、
「取る時はこの前みたいに麻酔をしたり横になったりせず、診察台に座ったままちょっと「チクッ」とする程度ですぐに終わるので大丈夫だと思います。」
と言われました。

 

長男的に「チクッ」は平気かも知れなくても、とにかく耳をいじるときの「ガサゴソ」と言う音が嫌だと思うんだけどな・・・。


まぁ自然に取れればいい話だし、取れなかったとしてもその頃には5歳近くになっているので、取れなかったときに長男と相談したり、悩んだりすることにします^^;。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ