読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

子供の「こだわり」について

昨日会社で同じ職場の女性と子供の話になり、彼女の子(男の子)は
「とにかくフワフワした肌触りのものが大好き」
と言うこだわりがあるという話をしていました。

 

着るものもジーンズのようなゴワゴワした素材のものはNGで、冬にしか着られないけどフリースの様なフワフワした素材が大好き。

特に毛布が大好きで、3~4歳くらいまでは夏も毛布をかけ、毛布をナデナデしながらでなければ眠れず。

最近になってタオルも
「もっとフワフワにできないの?」
と要求するようになり、柔軟剤を使うようになったと言っていました。

でも話を聞く限り、その子は定型発達の子供です。

 

他にも、長男と同じ保育園の子のお姉ちゃんが、小さい頃に洋服などについている「タグ」(洗濯表示などが書いてあるツルツルした布)を触るのをやめられなかったと言っていました。

その子なりにタグの種類にこだわりがあって、その子的に触り心地の良いタグがついた洋服でなければ絶対に着なかったそうです。

当然寝るときも自分が着ている服のタグを触りながら。

その子もおそらく定型発達の子供です。

 

 

この様に、ほとんどの子供は少なからずちょっと変わった「こだわり」を持っているのが割と普通なので、「こだわり」の部分だけをみて、
「うちの子は自閉症じゃないか」
と心配する必要はないのかな・・・と思いました。

 

その「こだわり」はおそらく、定型発達と自閉症スペクトラムの間のグラデーションの部分に該当し、その子の性格や個性にあたるのだろうと思います。

 

ただし手順などのこだわりがあまりにも強すぎるとか、他の自閉症スペクトラムの特徴も持ち合わせている場合は、専門家に相談した方が良いと思います。

発達障害について勉強すればするほど、奥の深さを感じる今日この頃です。

 

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ