本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

同年代の子より、小さな子や大人と遊ぶのを好む

今日は、アスペルガー症候群に該当する長男の行動(3歳9ヶ月(療育前)) の、
「20)同年代の子より、小さな子や大人と遊ぶのを好む」
についてどういうことなのかを具体的に書きます。

 

これは本当に発達障害の知識が無いと、異常に気付けない特徴かな・・・と思います。

 

長男も保育園で2歳児クラスにあがったころから、
「今日は1歳児クラスの子と遊んでくれていました」
と言う報告を連絡ノート等で割と頻繁に受けるようになっていましたが、単純に
「面倒見がいい子なんだな」
とプラスの意味で受け取っていたのですよね^^;。

 


長男の症状がアスペルガー症候群に行きあたったのも、発達検査の際に
「年下の子と遊ぶのが好きかどうか」
をたずねられたことからでした。(以下リンク参照)

yumirizu.hatenablog.com


アスペルガー症候群の場合、関係が曖昧な同年齢の子どもと対等の相互的な遊びをすることがとても難しく、うまく友だち関係を持てないため、上下関係のはっきりしている年下や年上の子供と遊ぶのを好む様です。

 

これは誰かに危害を与えている訳でもないし、無理やり直せるものでもないのかな・・・と思っていますが、今でも1学年下の子と遊ぶのが好きなようで、保育園のお迎えに行くと2日に1回くらいの割合で1学年下のお部屋で遊んでいます。

 

今は1学年下の子も2~3歳くらいなのでまだ何とも思ってないと思うけど、そのうち1学年下の子も大きくなれば
「なんでいつもここに来るの?」
なんて言って来たりしないのかな・・・と思わなくもないのですが、長男以外にも下のクラスに遊びに行っている子もいるので大丈夫なのかなと思ったり・・・。

 

今度保育園の面談で、状況を聞いてみようと思います。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ