本当にあったアスペル男子の愉快な日々

アスペルガー症候群の長男を中心とした、家族の成長記録

何をするにも時間がかかるっ!!

これから少しずつ療育の事を書いていきます。

 

福祉センターでアスペルガー症候群の診断を受けたのが金曜日で、福祉センターの方から
「週明けにでもすぐに療育センターに予約の電話をして欲しい」
と言われたため翌週月曜日に電話をかけたのですが、当然ながら検査結果の情報はまだ療育センターに回っていないため、今までの経緯や、長男の状態等を最初から説明する事になってしまいました。

 

そのため、ただ予約するだけだと思ってかけた電話が結果的に1時間弱もかかってしまい、それでも結局
「初回の日時は1週間~10日後にこちらから連絡します。」
と言われ、1週間後に日時候補の連絡が届きようやく初回療育の日時が確定したのでした。(初回は療育はせず、面接と検査で終わる予定。)

 

私はたまたま仕事が早く終わった日に電話をしたので良かったけれど、仕事の休憩中に電話を掛けていたら大変なことになっていました(笑)。

こんなに頑張って予約を入れて、当日もし長男が体調不良で行けなかったらまた予約し直すの大変だろうな・・・(汗)。

 

最初に福祉センターに予約を入れた時もそうだったけど、こういう電話はとにかく時間がかかるので、時間に余裕がある時に電話した方が良いと思います。

 

アスペルガー症候群の様な発達障害は、すぐに手術しないと死んでしまう様な病気でもないし、血液検査やレントゲンですぐにわかるものでもないので、
「とにかく何を進めるにも時間がかかりすぎる!!」
と言う印象です。

 

地域の職員の方も精一杯応対してくれていたので、仕方ないのかもしれないですが、何とかもっとスムーズに行かないものなのかな・・・と思います。

 

 

 

--------------------
アスペルガー症候群発達障害に関する様々なブログを読むことが出来ます。
↓↓(このブログの各カテゴリー内ランキングも確認できます)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

判断が難しいアスペルガー症候群の子供たちの未来のために、
こちらのバナークリックで応援いただけると嬉しいです。
↓(ランクアップして少しでも多くの人に読んでもらいたいと思っています)

にほんブログ村 子育てブログへ